プログラミングの上達を早くする「3つの力」

『脱入門者のExcel VBA』前書き
立山 秀利 プロフィール

・複雑な処理手順でも問題点を見つけて修正する力

・処理が速いプログラムを書く力

・状況の変化に対応しやすいプログラムを書く力

それぞれどういう力なのかは第1章で解説するため、ここでは詳しく述べませんが、何となくどういった力なのか、想像できるのではないでしょうか。

いずれも、オブジェクト/プロパティ/メソッドやステートメントなどをどれだけ幅広く深く知っているかという“知識”ではなく、それらをいかに使いこなすかという“ノウハウ”に重点を置いています。

本書では、これら「3つの力」を効率よく習得していただける作例を1つ用意しました。その作例を使って実際にゼロからプログラミングしながら、そのプログラムのチェックや改善を行うなかで、「3つの力」を学んでいきます。

Photo by iStock

本書の構成

本書の大まかな流れをここで紹介します。

第1章では最初に、先述の「3つの力」を中心に、VBAで「脱入門」を果たすために何が必要かを学びます。本書は基本的に、拙著『入門者のExcel VBA』をすでにお読みの方々を対象としていますが、それ以外の入門者レベルの方々も対象としています。そこで「入門者」のレベル確認もこの章で行います。

第2章では、作例をゼロから作成し、必要とする機能をひととおり完成させます。この章では「3つの力」についての具体的な学習には取りかかりませんが、なぜそれらを身に付ける必要があるのかを実感していただきます。

第3章から「脱入門」の本格的な学習に入ります。この章ではまず、「3つの力」の1つ目である「複雑な処理手順でも問題点を見つけて修正する力」について学びます。その力に欠かせないVBAの「デバッグ機能」の使い方を中心に解説します。

第4章では、1つ目の力と関連が深く、「脱入門」には必須となる実行時エラーへの対処方法を学びます。

第5章では、「3つの力」の2つ目の「処理が速いプログラムを書く力」と3つ目の「状況の変化に対応しやすいプログラムを書く力」について学びます。それぞれに必要な考え方、および具体的なコードの書き方を学習します。

本書の学習を終えた頃には、読者の皆さんは「3つの力」を身に付け、「脱入門」を果たせるようになることでしょう。

著者 立山秀利(たてやま・ひでとし) 
フリーライター。1970年生まれ。筑波大学卒業後、(株)デンソーでカーナビゲーションのソフトウェア開発に携わる。退社後、某企業でWebプロデュース業務に携わった後、フリーライターとして独立。現在はシステムやネットワーク、Office関連を中心に執筆中。主な著書に『Excel VBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本』(秀和システム)、『入門者のExcel VBA』『実例で学ぶExcel VBA』『入門者のJavaScript』『Excel「超」効率化マニュアル』『入門者のPython』(いずれも講談社ブルーバックス)など多数。
『脱入門者のExcel VBA』
自力でプログラミングする極意を学ぶ

立山秀利=著

発行年月日: 2016/03/20
ページ数: 288
シリーズ通巻番号: B1962

定価:本体  980円(税別)
     ⇒本を購入する(Amazon)
     ⇒本を購入する(楽天)
(前書きおよび著者情報は初版刊行時点のものです)

ブルーバックス前書き図書館のメニューページはこちら