男も”35歳からの婚活”じゃ遅い!「いつか結婚したい」と思っているあなたへ

二村ヒトシ×川崎貴子【女子会】第4回
二村 ヒトシ, 川崎 貴子 プロフィール

川崎 もちろん結婚は自由だから、本当にしたい人だけすればいいんですよ。でも婚活塾などをやっていると、「結婚したい」と強く思っている女性でもマッチングしない現実があって。それはなんとかならないもんか、と思うんですよ。

勝手な話ですが、男性だって38歳になったら「結婚しようかな」と思い始めるなら、もうちょっと早く気づくだけでマッチング率が上がるのに、と。

トイアンナ これは、世代的な問題もあるかもしれませんね。就活相談を受けていて思うんですけど、いまの20代前半の子たちって、結婚願望強いんですよ。まだ大学生なのに「次に付き合った子と結婚したい」とか言うんです。結婚のことを考えて、就職先を決めようとする男の子もいる。それに比べて30代の層が結婚したがらないから、そこがぽっかり空洞になっているのかも。

スージー いまの20代前半って、社会不安が当たり前の状態で育っているから、早めに結婚しておこうという気持ちが強いんでしょうか。

ぱぷりこ バブルから不況への転換期に育った層が、マッチングしづらくて困っているのかもしれません。

恋愛道場がなくなり、初戦から真剣で斬られる時代に

二村 ではそろそろ、まとめに入りましょうか。本連載に出てくれた独身男性、そして世の結婚したいけどできていない男性は、何をどうすれば結婚に近づけると思いますか?

ぱぷりこ そりゃそうだ、という結論になってしまうのですが、コミュニケーション能力を磨くことじゃないでしょうか。コミュニケーション能力が高いというのは、相手を受け入れる柔軟性と、自分のことを伝える芯の強さのバランスがとれていることだと思うんです。

託卵されそうだったエンジニアKさん、28歳ずっと彼女なしの営業Aさんは、柔軟性が強すぎて人に振り回されてしまっている。メンヘラばかりに好かれるというMさん、面食い童貞の記者Tさん、篠崎愛好きの40代婚活男性広告Aさんは、芯が強すぎて変化できない。そういう問題を自覚するところからだろうな、と思いました。

アオヤギ ぱぷりこさんが見事なまとめをしてくださったので、私は少し補足的なことを。コミュニケーション能力って、男性だけじゃなくてじつは女性も低いですよね。女性側のよくある問題は、「言いたいことを察してくれ」と要求すること。

で、「察するのがいい男」みたいな言説が出まわると、誠実なコミュニケーションからさらに遠ざかってしまう。男も女も、言いたいことは対面で伝えるべきですよね。ツイッターでグチる前に(笑)。

二村 そうだよね。いまって、ツイッターも含めたネットに書かれたことで男女の本音を知る、みたいなことが多いけど、それはあんまりいいことではないよなあ。ちゃんと異性と付き合ったことがない人がそれを真に受けると「男ってやつは」「女ってやつは」って偏見ばかりが助長されてしまうよね。もっと「目の前にいる異性」と話したほうがいい。