男も”35歳からの婚活”じゃ遅い!「いつか結婚したい」と思っているあなたへ

二村ヒトシ×川崎貴子【女子会】第4回
二村 ヒトシ, 川崎 貴子 プロフィール

トイアンナ 私のまわりの男性で、27歳で一斉に結婚した人たちがいたんですよ。彼らの共通点は1個だけ。それは、育ったのがお金持ちで保守的な家庭だったこと。こういう家だと、親から「もう25歳なんだから早く結婚しなさい」とか言われるんです。年齢プレッシャーをかけられる環境にある人は、早く結婚します。

ぱぷりこ 年齢プレッシャーは大きいですね。私が前に働いてたところでは、同じ部署の男性が34歳までに全員結婚しました。チャラチャラ遊んでいた人も含めてみんなのなかに、「35歳は超えてはならぬ」という暗黙の了解があったらしくて。

アオヤギ 結婚しないと一人前とみなされない業界は、結婚早いですよね。保守的な大企業もそうですし、教員なんかは保護者から一人前とみなされるためにも、早く結婚したほうがいいと思っている。

「結婚教」に無理して入信しなくてもいい?

トイアンナ この連載に出てきたような自分を変えることをこわがっている男性たちも、45歳くらいまでいけば後がなくなって生まれ変われたりするんでしょうか。

ぱぷりこ それけっこう、絶望のシナリオですよね……。

アオヤギ 40代をむかえた男性が変わる可能性って、だいぶ低くないですか。変わるっていっても、それこそ恋愛工学※1に走ったりして……。

※1 藤沢数希さんが始めた、金融工学の理論を恋愛に応用したテクニック。基本的に数多くの女性とセックスすることをゴールとしており、ネット上で物議をかもした。参考:恋愛工学が謎タームばかりでめっちゃキモ面白い件|アオヤギさんたら読まずに食べた

トイアンナ 45歳からの恋愛工学……!

アオヤギ 恋愛工学は、アラフォープレイヤーも多いですからね。

ぱぷりこ 恋愛工学もまあ、ひとつのきっかけとしてはわるくないんですけどね。仲間内で「また即りました〜※2」「お、○○さん、調子いいですね〜」とか報告しあって盛り上がってるのは気持ちわるいですけど、いったらただのマニュアルじゃないですか。女性向けでも、昔から蝶々さんの小悪魔本とか『ルールズ』とかあったわけです。

でもそういうマニュアルにとらわれると、もともとの目的を見失って「異性を惹きつけている自分」みたいなところに酔うようになってしまう。それは問題ですよね。

※2 即とは、声をかけたその日にセックスすること

二村 異性に関心を寄せられてることに対して、脳内快楽物質が出ちゃうんだよね。恋愛工学はそこに加えてホモソーシャルな横のつながりもあるから、さらにその状態から抜けられなくなる。

アオヤギ あの人たち、幸せそうですもんね。

ぱぷりこ そうそう、すごく楽しそう。

トイアンナ あれは完全に新興宗教ですよね。新興宗教の信者は幸せである可能性が高い。だから、本来結婚に向かない、一人とじっくり関係性を築けない人たちが、恋愛工学コミュニティにおさまるのはある種のハッピーエンドだと思っているんです。結婚に向いていない人が「結婚したい」とあがくほうが、不幸度が高いですよ。無理に結婚教の洗礼を受けることはないんじゃないでしょうか。

二村 そうかもしれないね……。