井端弘和「いぶし銀」の決断
~もう少しで名球会、でも未練はなかった

二宮清純レポート
週刊現代, 二宮 清純 プロフィール

そう語る内田には忘れられない出来事がある。

「彼が大学に入ったばかりのことです。社会人チームとのオープン戦。彼はベンチの入り口で私の横に立っていた。ピッチャーが1球投げた後で彼に聞きました。"今のピッチャーどうだ?"と。"走れます"。彼はしっかりピッチャーを見ていた。

プロのコーチについてはよくわかりませんが、彼には"何が何でもやりとげる"という強い意志と向上心がある。そして、絶えずチームの中で自分の生きる道を探している。こういう人間は、どこの世界でも成功するんじゃないでしょうか」

「外様」の立ち位置

元巨人投手コーチの川口和久は、コーチと選手という関係で1年間、同じ釜のメシをくった。「彼ならいいコーチになるよ」と太鼓判を押す。

「普段から物静かな男。だから一言一言が重い。といって遠慮するタイプではない。折に触れて後輩たちに適切なアドバイスをおくっていました。

中日、巨人と2球団でプレーし、いろいろな経験をしているから引き出しも多い。だから後輩たちも彼の指摘には真剣に耳を傾けていましたよ」

川口と井端には共通点がある。ともに巨人では"外様"である。川口は原辰徳というスーパースターに仕えた。井端も高橋という生え抜きのエリートを支えなければならない。

再び川口。

「原監督は内野手出身だけあってフォーメーションの選択には長けていた。1点を争う展開で前進守備か中間守備か。この選択はもとより、ピッチャーが2ストライクを取るまでは前で守り、2ストライク後は後ろに、といった具合に細かく指示を出していました。

今季から監督に就任した由伸は外野手出身だから守備のシステムには慣れていない。そこで井端の出番となる。僕が一番注目しているのはベンチ内での井端の立ち位置。付かず離れずで、どういうポジションをキープするか。監督との"いい距離"に期待しています」

チーム内のナンバー2はヘッドコーチの村田真一だ。高橋、村田、そして井端。チームの浮沈のカギを握る"新三角関係"である。

「オレは行くところ行くところ、全てのチームで結果を出してきた」

そう豪語する元参謀がいる。V9巨人の名ショート黒江透修だ。

引退後は巨人、中日、西武、ロッテ、ダイエーのコーチや二軍監督、助監督を歴任。12回のリーグ優勝、5回の日本一に貢献した。

支えた顔ぶれが凄い。長嶋茂雄、近藤貞雄、広岡達朗、森祇晶、王貞治……。まさに優勝請負人である。