外食OK!数字目標もいらない!? 10ヵ月で35kgヤセた美容ライターの「ダイエット成功法」(3)

西園寺 リリカ プロフィール

外食を断たなくてもいい

Q.ダイエット中、もちろん外食はNGですよね?

A.いいえ、外食は「ダイエットの美容液」です。


ダイエットの大敵といわれるのが夜の外食ですよね。私自身、雑誌の企画で「外食で太らない食べ方」みたいな記事を何度も書いてきました。

でも、むしろ外食は楽しむことだけ考えればいいんです。

実際、私はダイエット中に週1回は外食の予定を入れ、思う存分、肉でも甘いものでも好きなものをフルコースでガッツリ食べ、大好きなワインもたっぷり飲んでいました。せっかくの美味しいレストランでカロリーや糖分を気にしながら食べるなんてもったいなさすぎる!

そのかわり、「仕事帰りの晩ごはん」みたいなダラダラと目的のない外食にはできるだけ行かない。美味しい店をちゃんと事前に予約して楽しいイベントにするようにしていました。たいして行きたくないお店でちょこちょこ散財するよりも、そのぶん、とびきり美味しいものにお金を使うほうがいい、という意味もあります(笑)。

こういう“解放日”を設けてあげることは、ストレスを溜めないための作戦だったのですが、外食はそれ以外にも、ダイエットを効率のよいものにしてくれました。

一時、少し体重が落ちなくなったときのこと。忙しくて外食がご無沙汰だったときに高級焼き肉店に誘われ、久しぶりにちゃんとしたお肉をしこたま食べたのですが、翌朝体重を計ってみたら2㎏も一気に落ちていたことがありました。

そのとき「お肉はやっぱり痩せるんだ!」ということが改めてわかり、そこから減量に弾みがついたのです。たまたまこのときは焼き肉でしたが、外食のいいところは、「普段は積極的に食べないものを食べる」こと。新しい食材や味に出会うことで「自分に合う」食べ物や食べ方に気づくことができるので、外食はまさしくダイエット中の心と体の“美容液”なんです!