トヨタ「MIRAI」の運転席 Photo by Getty Images

クルマが「水素」で走るってどういうこと?

『図解・燃料電池自動車のメカニズム』

自動車に大きな変化の波がやってきた。

最新のクルマ「燃料電池自動車」の登場だ。水素を燃料とするその駆動システムは、130年の歴史があるガソリン自動車とは異なり、従来になかった走行性能と環境性能を発揮する。

エンジンを持たない自動車のテクノロジーを、実現しつつある「水素社会」や「自動運転」も視野に、徹底的に解説する。

燃料電池自動車MIRAI(画像提供:トヨタ自動車)
(画像提供:トヨタ自動車)

はじめに

燃料電池自動車や電気自動車の運転は楽しい。

これらの乗用車は、「究極のエコカー」と呼ばれ、走行中に環境に有害とされる排気ガスを出さないことがよく知られているが、ただ「エコ」であるだけでなく、ガソリン自動車とは異なる走りが楽しめるクルマなのだ。実際にハンドルを握り、運転すると、その走りのちがいに気付く。

まず、スタートダッシュがパワフルで、レスポンスが良い。それは街で発進と停車を繰り返すとよくわかる。右足でアクセルペダルをグッと踏み込めば、モーターが瞬時に応答して車輪を駆動し、グイッと発進する。静かに、なめらかに、そして背中を押すように力強く加速し、あっと言う間に制限速度に達する。その静かさとスムーズさは、ガソリン自動車の運転では味わえない感覚だ。

山道の運転も楽しい。コーナリングがスムーズだ。ワインディングロードで連続する急カーブもスムーズに通過する。重いエンジンがない分、クルマ全体の重量バランスがよく、操縦安定性が優れているからだ。窓を開けて走れば、上り坂でもエンジン音は聞こえず、鳥の鳴き声がはっきり聞こえる。

そしてこれらは、ただエンジンをモーターに換えたクルマではない。ただ環境に優しいクルマでもない。エネルギーの節約のために我慢を強いるだけのクルマでもない。従来の自動車とは運転感覚が明らかにちがうクルマだ。

そんなクルマは、もはや未来の乗り物ではない。燃料電池自動車は、今まで長らく走り続けたテストコースを飛び出し、いよいよ公道を走る乗り物になった。リチウムイオン電池を搭載した電気自動車は、一足先に公道に現れ、充電スタンドで充電している姿も珍しくなくなった。

とはいえ、購入するとなると、躊躇する人も多いだろう。

まず気になるのは、その値段だ。もちろん、1000万円を超える高級車にくらべれば安いものが多いが、同クラスのガソリン自動車とくらべると高い。日本では国からの補助金を受けられる車種もあるが、それでも割高だ。