「官公庁オークション」はこんなにお得!”プリウス1万円”ほか、驚き価格満載

家電、ブランド品、車、土地…出品一覧表つき
週刊現代 プロフィール

「山崎12年」が6000円

また、家電よりさらに身近なのが飲食品。時には、「山形の米(はえぬき30kg)」のような出品があることも。「All About」ネットオークションガイドの川崎さちえ氏が語る。

「お米もお勧めです。食品の差し押さえというと驚かれる方もいるかもしれませんが、季節によっては新米が出品されています。もちろん、出品される飲食品は保存がきくものが中心になるので、ウイスキーや焼酎といった酒類が主になります」

注目したいのがこの「酒類」で、なかなかの掘り出し物が眠っているケースがある。個人が保管していた酒もあれば、資金繰りが厳しくなった飲食店が、税の延滞のために手放したものも多い。とくに、店舗の移り変わりが激しい、繁華街のある自治体からの出品に注目したいところだ。

実際に、カテゴリ欄から「食品、飲料」を選ぶと、「竹鶴」をはじめとしたウイスキーの有名銘柄も並んだ。なかでも、出品されていたヴィンテージ物のウイスキー「山崎12年」の見積価格は、6000円。ネットの通販サイトでは、同じ物に1万3000円の値が付いたこともあり、格安である。

もちろんオークションなので値段は上がっていくものだが、前出の堀氏はこう言う。

「酒販店にもなかなか置いていない希少な酒類が、3000円くらいで出品され、5000円程度で落札されています。入手困難でプレミアの付く焼酎『百年の孤独』などが出品されることもあるので、見逃せません」

プレミア物でさらにお勧めなのが、ブランド物のバッグや財布だ。カテゴリから「ファッション」をクリックすると、「シャネルのトート」「ルイ・ヴィトンの鞄」といったブランド物の商品が掲載されている。

そのうちの「グッチの長財布」の見積価格は5000円。ネット通販のサイトで同じ財布の価格を調べると、販売希望価格は5万円だった。

「ブランド物のバッグ、財布や陶芸品は穴場です。贋物を出すと犯罪行為になるので、真贋鑑定の完了したものだけを出品しています。『贋物をつかむ心配がない』という安心感があるため、一番の狙い目です」(堀氏)