羽生結弦かイチローか、松井か内村航平か……決定!いま歴史に残すべき日本人100人【スポーツ・学者編】

週刊現代 プロフィール

「山中先生の業績は、『生命の根幹』に近い分野で発見をされたということ。iPS細胞の研究は、医療のいちばん本質的なエリアでの進歩を促すもの。究極的には『不老不死』につながる研究なのです。人類史という長いスパンで見ても画期的なものであることは間違いありません」

次に、宇宙の根本的な謎に迫る物理学分野ではどうだろう?

業績の偉大さという意味では、残念ながら昨年7月に亡くなった南部陽一郎氏が存命であれば、真っ先にその名が挙がったに違いない。現在の素粒子物理学の基礎を築いた一人と目され、弦理論の創始者だったからだ。

「今でもお元気な江崎玲於奈先生、小柴昌俊先生、益川敏英先生、それぞれ専門的な領域で素晴らしい業績を上げている方たちなので、誰が残るか判断が難しいですが、南部先生の示されたコンセプトを発展させ、実現化している研究者という意味では益川先生でしょう」(松浦氏)

電球などの従来の光源に比べて圧倒的に長寿命で、消費電力も少ない発光ダイオード(LED)は現在、あらゆる場所で使用されている世界的発明だが、その開発者である天野浩、中村修二両氏はどうか。

天野氏は師匠筋にあたる赤崎勇氏とともに青色発光ダイオードの理論的基盤を確立、最初のLEDを開発した。

ただ、それを大量生産する技術を開発したのは中村氏だ。世界中でLEDが使われることで消費電力が抑えられ、地球環境の向上に役立っていることを考えれば、中村氏の貢献が勝ると言えるだろう。

【芸能・文化・その他編】はこちら

「週刊現代」2015年1月16日・23日合併号より