羽生結弦かイチローか、松井か内村航平か……決定!いま歴史に残すべき日本人100人【スポーツ・学者編】

週刊現代 プロフィール
〔PHOTO〕gettyimages

【学者編】山中伸弥か利根川進か…天才は100年後の社会を変える

生命の根幹にかかわる発見

'15年も大村智氏(医学・生理学賞)、梶田隆章氏(物理学賞)というノーベル賞W受賞の快挙に沸いた日本の学術界。現在も存命している自然科学分野における日本人ノーベル賞受賞者は17人いるが、そのうち誰の研究が後世まで名をとどろかすのだろうか。

まずは、医学・生理学分野。今年注目を集めた大村氏は天然有機化合物の研究を続け、感染症の予防薬の開発に大きく貢献した。新興国を中心に数億人の人命を救ったとも言われる功績は、間違いなく後世に伝えられるだろう。

一方、利根川進氏は日本人として初めての医学・生理学賞の受賞者だが、研究内容が「多様な抗体を生成する遺伝的原理の解明」と、素人目には難しすぎて、インパクトに欠ける。

誰が見ても偉大さがわかるという意味では、今まさに医学への応用が進行中のiPS細胞の第一人者、山中伸弥氏の存在感は圧倒的だ。

「不治の難病を治す、まさに人類にとっての医療革命を起こすという壮大さがある」(元文部科学省官僚の寺脇研氏)

ノンフィクションライターの松浦晋也氏も、山中氏を挙げる。