訪日外国人が思わずうなる「ニッポンの食」〜駅弁・調理パン・ラーメン……その意外な高評価のワケ

鴻上 尚史 プロフィール

牛丼も世界でポピュラーになりましたが、それ以外の「丼」も続々と生まれています。まだ日本国内だけですが、変わり種の丼としてトマトたっぷりの「イタリアン丼」やケバブをのせた「ケバブ丼」などがあります。

「中華丼」は中国にはありません。これもまた、「スパゲティ・ナポリタン」の系列です。本国にないのに勝手に名乗っている日本独自の料理です。やがて、「中華丼」として中国に逆輸入される日は来るのでしょうか?

ラーメン・パワー

外国から来たもので、日本人がアレンジして、日本を代表する食べ物となった──その筆頭は、文句なく「ラーメン」でしょう。

日本政府観光局の2010年の調査によると、来日した外国人が「特に満足した食事」は、1位が寿司、2位がラーメン、3位刺身、4位うどん、5位天ぷらとなっています。ラーメンは堂々の2位です。

寿司は海外でも食べているでしょうから、多くの外国人は日本に来て短時間でラーメンと出合い、そして満足しているのです。ラーメンのパワーがどれだけ強いか、ということです。

欧米だけではなく、中国、韓国などアジアから来た人も、日本で独自に発展したラーメンを気に入ります。日本のラーメンは中国から伝わっていても、中国のラーメンとまったく違うのです。

中国人女性は、「中国と違って、スープの種類が豊富。豚骨、味噌、醤油、塩と日本はあるけれど、中国はだいたいどれも同じ味なの」と残念そうに言いました。

外国人がラーメンにはまる理由のひとつは、日本食は比較的薄味のものが多いのに、ラーメンは濃厚な味のものがたくさんある、という点です。

実際、外国からの大切なお客さまを、うんと奮発して高級料亭に招き、そこで、なんでもかんでも醤油をかけて、最後にはご飯にまでどぼどぼと醤油をかけて「ああ、日本食は美味しい」と喜ばれたという哀しい(!)経験を持っている日本人の会社員は少なくないと思います。残念ながら、繊細な味を楽しむよりは、醤油かけご飯が一番美味しい、なんて言う外国人が多いのです。

そういう人たちの味覚にも、ラーメンは応えられるのです。

麺に野菜や肉などが入っていて、フルコースの完全食だから好きだ、と言った外国人もいました。

日本のラーメンは、今、猛烈な勢いで海外に進出しています。2013年に設立された官民ファンドである「クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)」は、ラーメンチェーンの『一風堂』に対して、海外進出を助けるために、約7億円の出資と最大13億円の融資枠を設定し、支援することを2014年12月に決めました。

『一風堂』のラーメンは、すでにニューヨークに2008年、ロンドンに2014年にオープンして、積極的に海外に進出しているのです。

日本食と言えば「スシ、テンプーラ、スキヤキ」ではなく、「スシ、ラーメン、サシーミ」の時代がもうすぐ来るのでしょう。

【*本記事は鴻上尚史『クール・ジャパン!?』からの一部抜粋です】

鴻上 尚史
作家・演出家。1958年愛媛県出身。81年に劇団「第三舞台」を結成し、演劇活動をスタート。87年「朝日のような夕日をつれて‘87」で紀伊國屋演劇賞団体賞、95年「スナフキンの手紙」で岸田國士戯曲賞を受賞。現在は、プロデュースユニットKOKAMI@networkと新たに若手の俳優を集めて旗揚げした「虚構の劇団」での作・演出が活動の中心。舞台公演のかたわら、エッセイや演劇関連の著書も多く、ラジオ・パーソナリティ、テレビの司会、映画監督など幅広く活動。
編集部からのお知らせ!

関連記事