ジャニーズ「結婚のオキテ」は本当に存在するのか!?
~調べてみたら意外なことが分かった

フライデー

「木村の結婚が事務所内であまりにゴタゴタしたため、結婚願望の強くない中居正広(43)をはじめとするSMAPの他メンバーや後輩は及び腰になってしまったんです。ジャニーズはファンに男女関係を即連想させる『同棲』には厳しいけれど、デートならば仕方がないという考え。

中居などはプロ意識も高く、14歳から約30年近く事務所にいますから、その考えが染みついていて、結婚を前提とした交際がもはやできないのでしょう」(同前)

そんな中、『V6』の井ノ原快彦(39)は慎重にことを進めた。

「女優の瀬戸朝香(38)と結婚する意志を事務所に告げたのは、発表の2年前です。さらにジャニーさんと親交の深い芸能界の有力者にも相談し、根回ししていた。そして、’07年、一番最初にコンサートツアーのステージでファンに向けて結婚を報告しました」(スポーツ紙デスク)

同日、井ノ原はジャニーズ史上初となる夫婦2ショットで会見を開いた。

「いろんな人に相談して、ようやくここまで辿り着けました」

これは心の底から出たコメントだっただろう。

井ノ原に続いたのは、『TOKIO』の山口達也(43)だ。’08年に8年間交際した一般女性との入籍を果たした。

「お相手が一般の方の場合、普通のタレントなら会見で似顔絵を描いてくれることもありますが、ジャニーズではそれはありえません。スポーツ紙に○○似と書かれることすらも許さない。

これはファンに新婚生活をリアルにイメージさせないためです。国分も会見は開きましたが、結婚相手の容姿などに関する情報は一切出しませんでした」(前出・デスク)