『コウノドリ』産科医が教える「正しい出産場所の選び方」
~”イケてるお産”にダマされてはいけません

鈴ノ木ユウ, 荻田和秀

病院の「提携」に要注意

一つ、産む場所を選ぶ際に、参考になるかなというホームページのチェック項目をこっそり教えておきましょう(こっそりではないですね)。助産院にしても病院にしても、「○○病院あるいは○○センターと提携しています」という文言が書いてある場合、どの程度の提携をしているのか、提携先の施設に問い合わせてみるといいでしょう。電話で聞いてみてください。

実は「提携」というのが問題で、そんな関係がない場合も非常に多いのです。そもそも、緊急時には提携など関係ありません。「搬送する」のは決して提携しているところだけではないのです。もしその文言で妊婦さんの人気をとろうとしているのだとしたら、それは不誠実だと思うのです。

もちろん提携先の施設で研修を受けている医者がいるとか、ある程度お互いの施設間で密なコンタクトをとれているのであれば、「提携」と呼んでもいいのかもしれません。ただ、僕ら周産期医療センターでは、提携していようがいまいが、搬送されてきた妊婦さんは絶対に断りません。何をもって提携とするかは、はなはだ疑問なのです。

もし我が子が先天異常をもって生まれてきたら? その時ダンナがやらなければならないただ一つのこと」につづく。

(『嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本』/『コウノドリ』より抜粋)

「コウノドリ」のモデルになった産科医が説く! 知っておきたいお産のリスク〜「帝王切開」編も合わせてご覧ください。

***
 

『コウノドリ』鈴ノ木ユウ

定価:本体562円(税別)/モーニング(毎週木曜発売/講談社)で好評連載中!!

出産は病気ではない。だから、患者も家族も安全だと思い込んでいる。毎年この産院で行われる2000件の出産で、約300件の出産は命の危険と隣り合わせだ。その小さな命が助かることもあれば、助からない時もある。100%安全などあり得ない。それが出産。年間100万人の命が誕生する現場から、産科医・鴻鳥サクラの物語。

 => Amazonはこちら
 => 楽天ブックスはこちら

嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本』荻田和秀

定価:801円(税別)/講談社+α文庫

「コウノドリ」の主人公のモデルとなった産科医自らが語り下ろした、ダンナのための妊婦とのつき合い方のバイブル。嫁ハンのことはいたわってやりたいとは思っていても、なかなかできないダンナさんのために、豊富な臨床経験から数多くの赤ちゃんとその両親に接してきた著者が、時に絶妙な関西弁も交えつつ、やさしく、厳しく教えます。

 => Amazonはこちら
 => 楽天ブックスはこちら