40をすぎたら人生は「引き算」〜モノは少なく、でも「贅沢に」暮らす

小川 糸 プロフィール

使わないものは取り除く

寝室のことで言えば、私は寝室をリフォームする際、それまでにあった天井の明かりを取り外した。もともと寝室は眠るための場所なのだから、明かりは不要である。使わない物を、ただなんとなくという理由でそのままにしておくのは非常に気分が悪いので、いっそ、なくしてしまったのだ。どうしても明かりが必要な時は、コンセントなしで使える、LEDのブック型ライトを使っている。

このブック型ライトは、本当に優れものである。見た目は完全に本で、ページをめくるように本を開くと、そこから光が出るという仕組みである。初めて見た人は、たいてい目を丸くする。

広げる角度によって光の量を調節できるし、くるりと360度広げれば、そのままの形で床に置くこともできる。何よりデザインが美しい。コードがいらないので手軽に持ち運べるし、地球温暖化対策にもなる。災害などいざという時にも、力を発揮するだろう。遊び心もあって、しかも実用的。私は、そういう両方の要素を兼ね備えたモノが、好きだ。

そんな暮らし回りのあれこれをまとめたのが、『これだけで、幸せ~小川糸の少なく暮らす29ヵ条』である。作品を書き続けるためには、どうしたらいいのか? その過程で辿り着いた今現在の暮らし方をまとめた一冊だ。

オンとオフをはっきり分け、仕事をする時は集中して仕事をし、リラックスする時は思いっきりリラックスする。そんなメリハリのある暮らしの中から、これからも自分の心地いいリズムで作品を書き続けられたらと思っている。

読書人の雑誌「本」2015年12月号より

* * *

これだけで、幸せ 小川糸の少なく暮らす29ヵ条
小川糸・著 1300円

一生添い遂げるものを探す喜びは、ものがいらない生活を始めるスタートでもある。人生をもっと豊かにするコツを小川糸がアドバイス

⇒ Amazonはこちら
⇒ 楽天ブックスはこちら