父親4人、貧困、虐待、中卒で就職、インドネシアで1000万の生命保険に……安倍昭恵が果てしなき「壮絶人生」に迫る!

安倍昭恵×黒沢一樹(第一回)

インドネシアで1000万円の生命保険をかけられる

安倍: 中学卒業後は就職されたんですか?

黒沢: 日立造船というところで、背中に絵が描いてあるような大人たちに混ざって塗装工をしていました。

3番目の父がそこで働くようになったから僕もそこで働くことになったんですが、父が僕の給料まで前借りしちゃうんです。僕が知らない間に飲み屋のツケが僕の名前でどんどんたまっていくんです(笑)。それで「このままじゃまずいな、何とかしなければ」と思って、知り合いのツテで転職したんです。

そのときに板前の道に引っ張ってくれた人がいたんです。当時は『料理の鉄人』という番組がすごく流行っていて、僕は生まれて初めて実現できるかもしれない夢というものを持ったんです。「僕は料理の鉄人になるんだ」と。

当時働いていた店が、天皇陛下の料理を作っていたような立派なところで、調理師が100人くらいいました。九州ではけっこう有名な大きい店で、3年頑張れば中村孝明さんの店に研修に行けるという制度があって、僕は推薦候補までいったんです。

でも、「研修に行こう」というタイミングで僕は右半身麻痺になっちゃったんです。さすがに自暴自棄になりましたね。

それからなぜかインドネシアに行きました(笑)。板前の道に引き込んでくれた人に誘われたんです。ちょうどスハルト政権が終わってメガワティ大統領に代わる時期で、ここで何かやったら面白いだろうと、ビジネスを始めたんです。

人材ビジネスを始めて上手くいっていたんですけど、知らない間に僕に1000万円の生命保険が掛けられていて、「このままじゃ殺されるな」と思って日本に帰ってきました。

安倍: その頃には下の子供たちも自分たちで生活できるようになっていたんですか?

黒沢: そうなんです。今は4番目の父親がいるんですが、事実婚で籍は入れていないんですね。

安倍: 3番目のお父さんはどうしたんですか?

黒沢: 警察に捕まりました。最終的には、母が首を絞められて家の周りに灯油を撒いて火を点けられちゃったんですよ。それでさすがに警察に逮捕されました。

母は離婚をして呪縛から抜け出すことができました。その頃にはもう4番目の父がいたんですよ。3番目の父の暴力から母を守ってくれる人ができて、僕は安心してインドネシアに行きました。それが17歳くらいのことです。

<つづきはこちら>
自殺未遂・起業・借金・転職50回の破天荒な人生
〜結婚が「ふつうの幸せ」を教えてくれた

最悪から学ぶ 世渡りの強化書 ―ネガポジ先生 仕事と人間関係が楽になる授業』黒沢一樹著

1,404円/日本経済新聞出版社

「普通」という言葉に振り回されるな!虐待、貧乏、父親が4人…中卒・転職50回のカリスマ・キャリアコンサルタントが教える選択肢を無限に増やして自由になる「逆転幸福論」。最悪、壮絶な人生から生まれた著者独自の「ネガポジ」メソッドは、都立高校キャリア教育プログラムにも導入!

 => Amazonはこちら
 => 楽天ブックスはこちら

黒沢一樹(くろさわ・かずき)
キャリアコンサルタント。定時制高校教育ディレクター。「ネガポジ・メソッド」創始者。1981年山口県生まれ。食べることにも困る極貧生活を6人兄弟の長男として支える。姓は4回変わる。生活のため高校を入学式で辞め、塗装工・ビアガーデンのホールスタッフとして働いた後、板前となる。しかし、原因不明の病により板前の道を断念。その後、上場企業から零細企業、果てはブラック企業と呼ばれる企業まで、さまざまな職種と会社を渡り歩き、30代で2度の廃業も経験。現在はNPO法人「若者就職支援協会」の理事長