Photo by Matthew Henry from Burst

私たちの脳はどうして「創造」できるのか

『芸術脳の科学』前書き公開!

ダイナミックな脳内世界

芸術脳は生まれつきではなく、シナプスの可塑性にもとづく学習と記憶によって後天的につくり出されるという。

環境に適応するために脳内に形成される外界の世界(再現的世界)と脳内に情報を創発させる情報創成の世界が干渉し合うことで、人それぞれの新しい世界=創造性が生み出される。

芸術とは自分の存在を証明するために脳の外と内が相互作用した結果に他ならない。

はじめに

「芸術は人間の創造物であり、人生をいかに生きるのか、また生きているのかといった、自分の存在を証明するための内部表現といえる」。この思いから筆者は、六○年あまりにわたって絵を描いてきた。

幼い頃は父につれられ信州の山々や自然と戯れ、絵を描くことの楽しさを知り、長じてからは、玉川大学脳科学研究所の教授として研究する傍ら、一年ごとの心の創造の履歴を一五○号の絵にして、三○年間上野の東京都美術館に出品してきた。

人間の脳には創造の可能性が平等に与えられている。脳の構造と機能の基礎は、遺伝子の情報によって決められるにしても、人間は神経細胞の可塑性を基に後天的に脳内に情報を表現できる創造の機能をもっている。

しかし、誰にでも平等に創造的世界が実現されているわけではない。人間の脳は混沌として、当初から目的を一つにはしていない。

個体はバラバラに、その意思に導かれ、「いまだ見ざる聞かざる知らざる世界」を求めて永遠の旅に出るのである。個の意思は、環境からの刺激によってつくり上げられるものではなく、生まれたときから個に与えられている。

赤ちゃんの目を見てみよう。興味のあるものを見つけると目がキラキラと輝き、自分から何とかして目的物に近づこうとする。

一方、個は互いのコミュニケーションによって情報を交換し、自分にない異質の情報を吸収することによって新たな自分を発見する。ここに創造の世界が誕生し、客観的に眺めることができる自分が形成される。

こうしてわれわれは、既に展開してきた世界を捨て、新しい仮説のもとに新たな世界を展開することになる。

本書では、こうした創造する脳がどのようにつくられるのか、また創造する脳がいかに芸術を生み出すのかを最新の脳科学の知見をもとにひもといていきたい。

第1章は「脳と創造」の総論を展開しよう。「求めよ、さらば開かれん創造の扉を!」

神経細胞(ニューロン)は個性をもち、脳内に多様性を創成する。そこでは物の特徴を抽出し、物と物とを分離する。分離した特徴の情報を再び統合し、機能レベルでの階層構造を脳内につくる。この階層構造は外界の再現的世界である。この再現的世界は外界の脳内モデルとも呼ばれる。外界をカメラのように写し撮る世界とは異なり、個の創造的活動に役立つようにつくられるので、人間に共通の表現モデルに加えて、個々の個性的表現モデルともなっている。

したがって、外界の特徴を表現する世界は比較的共通しているのに対し、芸術や宗教のような創造的世界は、人間の個々の脳で異なっている。この意味で人間は多様性のある世界に生きているといえる。