「自己肯定感」は恋人からこそ得られる!~あなたに「彼女ができる魔法」を教えましょう

二村ヒトシ×川崎貴子@渋谷(第2回)
二村 ヒトシ, 川崎 貴子 プロフィール

二村 Aさん、ほめられると本当に嫌そうな顔をするね(笑)。

営業A あ、すみません、感じわるいですよね。

二村 おれね、こういう女の人をたくさん見てきたんですよ。多くのAV女優が、こうなの。ほめられると本当に嫌そうな顔をする。いまのAV女優ってみんな美人でしょう? だからといって「今の君がかわいいから、そのままでいい」というと、まずいものを口に入れて食べられないから吐き捨てる時のような表情を浮かべるんだよ。

営業A それ……僕も同じです。嫌なくらいドキッとします。

二村 彼女たちは礼儀正しいから絶対に言わないけど、たぶん無意識に「あなたに私の何がわかるんですか?」って気持ちが涌きあがってるんだと思う。それでね、仕事として「こういう激しいセックスをすると、ファンが喜ぶよ」っていうと、「がんばります!」って何でもしてくれるの。

営業A うわあ……すごくその気持ちわかります……。

二村 これはやっぱり、自己肯定感がないからなんだよね。そういう子はがんばるから、AV女優として仕事は回るんだけど、根本的にAVを見てオナニーしている人を幸せな気分にはさせられない。そして、無理しすぎて体を壊してしまうんです。

営業A それは他人事じゃないです……! どうしたら、自己肯定感が持てるんですか?

川崎 私は、一番手っ取り早いのは、恋人をつくることだと思います。二村さんもよくおっしゃるけど、自己肯定感を外から注入する方法っていろいろあって。宗教とか自己啓発セミナーとかもあるんだけど……

二村 それは「インチキ自己肯定」ですね。

川崎 そう。誰かと付き合うのは、もっと本質的な自己肯定につながると思うんです。ヤリチンになるんじゃなくて、1対1でちゃんと付き合う。

彼女という存在は、あなたの悪いところもはっきり指摘してくれるし、それ以上に「あなたのここがいい」と言って、くっついたり甘えてくれたりする。そうすると、自分のいいところが自覚できたり、人を幸せにしてるという実感が持てる。これって、すごく自己肯定感が上がるんです。

二村 人から好きって言ってもらうことが、一番自分を好きになれる方法だよ。

人の目をじっと見て話を聞いてはいけない?

営業A でもその「彼女をつくる」ということが、僕にとっては難易度が高くて……。

川崎 じゃあ、Aさんには効果がある、「彼女ができる魔法」を教えましょう。

営業A えっ、なんですか?