[プロ野球]
上田哲之「監督とは何かーー原辰徳、エディー・ジョーンズ、そして工藤公康」

スポーツコミュニケーションズ

摂津vs.山田 シリーズの分水嶺

さて、そんな監督論をたずさえつつ、CSから日本シリーズに進もう。

ご承知の通り、福岡ソフトバンクは、4勝1敗とヤクルトを圧倒し、日本一に輝いた。ソフトバンクが強かったのは事実だ。その一方で、セ・リーグの弱さには、大いに問題があるだろう。 

ただ、短期決戦は必ず実力通りの結果となるとは限らない。 

一例を出せば、今年の交流戦、広島カープはセ・リーグで唯一、ソフトバンクに勝ち越している。

日本シリーズのポイントは第4戦だった。ソフトバンクが2連勝して地力の差を見せつけ、第3戦は、ヤクルト・山田哲人の史上初となる一試合3打席連続ホームランが出て、ヤクルトの勝ち。ソフトバンクの2勝1敗で迎えた第4戦。

もしヤクルトが勝てば2勝2敗のタイとなる。地力とは別の、短期決戦ならではの勝負の流れがくるかもしれない。

第4戦は、ソフトバンク先発・摂津正対山田の対戦がすべてを決めた、と言っていい。

1回裏の第1打席。摂津は、山田に対して初球、いきなりカーブを外角低目に決めてストライクをとる。そのあと、シンカー、ストレート、カーブと3球ボールが続いて、カウント3-1。さすがに前日3連発をかっとばした打者である。バッテリーが最大限に警戒しているのがよくわかる。

で、5球目。真ん中高目から大きく割れて落ちるカーブ。ストライク! 

3ボールからあれだけ大きな変化をする球種で、しかも文句なしのストライクをとる。この日の摂津の覚悟があらわれている。山田は、このとき、なんともいえない表情をする。

第1打席は結局、四球で出塁するのだが、おそらくはこの5球目が、この日の勝負のカギとなった。

ソフトバンクはヤクルト先発・館山昌平を攻めて3回裏までに5-0とリードする。

山田の第2打席は3回裏。2番川端慎吾のサードゴロを三塁手・松田宣浩が絵に描いたようなトンネルエラーをして、1死一、二塁の大チャンスがやってきた。しかも、打席には山田である。相手は後味の悪いエラーをしている。ここで打てば、まだ3回。4点差以内ならなんとかなる、という、シリーズ全体の分水嶺だった。

(1)インコースへシンカー レフト線へかなり鋭いファウル。まだ、3連発の余韻が残っているようなスイング。

(2)低目へのストレート インコースを狙ったのがやや甘くなったのか? しかし山田は見逃し。ストライク。

なぜ? なぜ振らなかったのだろう?

(3)外角高目へのストレート ウエスト気味。ファウル。いぜんカウント0-2。

(4)外角へストレート 今度ははっきりはずす。カウント1-2。

(5)捕手・細川亨、インローに構える。摂津の投じたストレートは、やや沈み気味にも見えたが、細川、捕球してミットをクイッとわずかに上げる。見逃し、ストライク! バッターアウト!

3、4球目で外角高目へはずし気味のストレートを見せておいて、最後はインローに決める。おそらくそういう意図の配球だろう。

でも、と疑問が残る。その前の、2球目をなぜ振らなかったんだろう? 甘いボールに見えたが、おそらく(想像ですよ、もちろん)1回の5球目のカーブの残像が、どこかにあったのではあるまいか。それが、とりあえず、ストレート系を見送るという反応を誘発したのではないか。

第1打席ではカーブを多く見せておいて、第2打席はストレート中心。そういうバッテリーの戦略だったのだろう。

山田に3連発を打たれたあと、工藤公康監督は、長いミーティングをしたと伝えられている。このあたりは、現役時代、日本一を11度も経験している工藤監督の力が生かされたのかもしれない。