ヤクルトスワローズにはなぜアンチがいないのか? ~みんなに愛される不思議なチームの謎に迫る

週刊現代 プロフィール

助っ人もちょっと変

ヤクルトの熱烈なファンとして知られる村上春樹氏が、神宮の外野席でヤクルト戦を見ていた際に、小説家になろうと思い立ち、『風の歌を聴け』が生まれたというエピソードもあるように、神宮球場という「場所」の持つ力もある。

ヤクルトファンで、画家・タレントの城戸真亜子氏は「神宮の周辺は空気が違う」と語る。

「渋谷にある小学校に通っていたので、神宮球場は身近な存在でした。周囲に神宮の杜があって、都会のオアシスみたいな雰囲気。特に夏場はスタンドに涼風が吹き込み爽快感も抜群です。東京ドームとは格が違いますよね(笑)。ヤクルトの選手たちを見ていると、野球少年がそのまま大人になったような印象を受けるんだけど、それも神宮だからじゃないかな」

東京ドームの前身である後楽園球場は、'72年まで後楽園競輪場が隣接され、「男の街」という雰囲気が強かった。そのため女性や子供は近寄りがたい雰囲気があった。それに比べ神宮球場は、明治神宮の所有物であり、来るものを拒まない、開かれた空間となっている。

「大盛りのソーセージにマスタードをたっぷりかけて、ビール片手に野球を見る。ビアガーデンや縁日のような雰囲気が神宮にはあるんだよね。阪神や広島みたいに決まった応援もないし、傘をさして東京音頭を踊るくらいなので、女性も子供も楽しめる。そのゆったりした感じが好きなんです。

もし神宮がドームになったら?すぐ屋根を叩き壊しに行きますよ(笑)」(前出の坂東氏)

ヤクルトは選手とファンの距離が近く、親しみやすいのもよく知られている。ニッポン放送『ショウアップナイター』で、ヤクルト担当を務める煙山光紀アナウンサーが語る。

「大学野球がある時は、神宮球場を使えないので、一軍の選手でも神宮外苑の軟式野球場で練習するのですが、その隣では一般の方が草野球をしていますからね。たまに草野球のボールが飛んで行って、ヤクルトの選手がそれを拾って投げ返してくれることもあるし、球場に移動する道中では気軽に握手やサインに応じてくれる。ファンからしたらこんな嬉しいことはないですよ。他球団なら考えられません」

さらに明るく愛嬌のある外国人選手が多いのも、ヤクルトの特徴だ。エッセイストの坪内祐三氏は「子供の頃は変な外国人が多いのが好きだった」と語る。

「'73年にやってきたジョー・ペピトーンは面白かった。実績十分なんだけど、問題児で、やっと来日したかと思ったら『自分に合うスパイクがない』と言って帰国するし、再来日した際には『バッティングセンターで練習してきたから大丈夫』と言ってのけた(笑)。

チャーリー・マニエル、デーブ・ヒルトンも思い出深い。ヤクルトの外国人選手は個性的で憎めない選手ばかりなんです」

日本人選手も助っ人もファンも、みんなどこか愛嬌があって、負けてもあんまり気にせず、たまにいろいろうまくいったら優勝する。そんな大人っぽいユルさが、このチームの魅力なのだ。

「週刊現代」2015年10月24日号より