優勝ヤクルト四番・畠山和洋 
遊び好きの元「不良選手」が打点王になるまで

【プロ野球特別読み物】
週刊現代 プロフィール

「天性の打者」が目覚めた

畠山は当時の自分について、本誌の二宮清純レポートの取材に、こう答えている。

「練習をサボることしか頭になかった。たとえば〝1時間打て〟と言われたら10分だけ打って、あとの50分は風呂に入ってました。

戸田の寮もよく抜け出しました。門限は夜の10時なんですが、夜中に浦和や川口の繁華街に繰り出す。酒もボトル1本は軽かったですね」

畠山に、深夜まで飲んでも翌朝はやるべきことをやるような自分への厳しさはなかった。当然、朝寝坊が増えた。荒井は打撃指導だけでなく、畠山の生活面の更生も担当することになる。

「畠山だけ、毎朝二軍寮の近くにある練習場までの散歩を命じました。ほかの選手より30分早い、朝6時30分起床。散歩で練習場に行き、戻ってきて、みんなと一緒に朝食を食べる。それを習慣にさせたかった。

私も、畠山が本当に散歩しているかチェックするため、横浜市内の自宅を5時30分に出て、練習場近辺に隠れて監視しました。すると、畠山はある日、自転車で練習場に現れたんです。寮長にバレるから、朝、寮を出ることは出るけど、すぐに自転車に乗ったのでしょう。ナメていましたよ。現役引退後、昨年まで14年間、コーチをした中で、私が手をあげたのは彼だけです」

素直に言うことを聞かない畠山に、それでも荒井はとことん付き添った。それだけの素質を兼ね備えていたからだ。

「畠山は内角をさばくひじの使い方が柔らかく、天性のものがあった。だから今では変化球に柔軟に対応できる。でも当時は太っていて体にキレがなかったので、内角をさばききれない。キレを出すため、朝食後と夕食後に毎日1時間の自転車こぎを命じました。

さらに、ティー打撃で1000球ぐらい連続して打たせ、体が疲れきった状態からスイングさせ、スタンドに入るまでやめさせない、過酷な練習もやらせました。畠山は私の顔を見たくなかったと思いますよ」

その荒井の言葉を今の畠山に伝えると、「そんなこと、ありませんよ」とはぐらかす。もちろん、喜々として取り組んだ練習ではなかっただろう。だが、荒井の熱血指導を受けた3年間は、畠山を少しずつ変えた。4年目に初めて一軍を体験し、待遇も良くなると、「不良選手」にも自覚が芽生え始めた。

転機は'08年。高田繁・新監督の就任に伴い、畠山をよく知る二軍監督だった小川淳司が一軍のヘッドコーチに昇格。当時、リグスら助っ人が不調で高田監督は「四番を打てる人材はいないか」とさがし、小川ヘッドコーチと相談して、課題の残る畠山の守備に目をつむって起用。その年は121試合に出場し、年俸も900万円から3200万円にはねあがった。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/