第11回ゲスト:藤田紘一郎さん(前編)
「サナダムシを自分のお腹で飼ってみたら、中性脂肪が落ちてメタボが解消され、健康体になりました」

島地 勝彦 プロフィール

性格が穏やかになり、人を引きつける魅力も増す?

日野 なるほど。サナダムシに対する見方が変わりました。ところで、いろんなことに首を突っ込む編集者魂を持つシマジさんは、自分もサナダムシを飲みたいとは思わなかったんですか?

島地 もちろん飲んだよ。

日野 え・・・。冗談のつもりだったのに、まさか飲んでいたとは・・・。さすが「全身編集長」、おみそれしました。

島地 先生の話を聞いていたら、いいことずくめなんだから、飲みたくなるのが普通だろう。でも残念ながら、私の体は居心地がよくなかったようで、すぐに流産してしまいました。2回とも。あの頃は糖尿の気があって、血糖値がものすごく高かったのが原因かもしれません。きっと甘いのが苦手なんでしょう。

藤田 サナダムシを飲んで痩せたという話をしたら、島地さんから「銀座のママが太り過ぎたって悩んでいるから、サナダムシを飲ませてやってほしい」といわれまして、結局、ママと島地さんが2人して飲むことになったんです。

日野 ママの気を引くためですか。おみそれして損した気分ですよ。

島地 私は流産してしまったけど、ママにはちゃんと住みつきましたね。でも、痩せると思って飲んだのに逆に太ってしまったのは不思議でしたね。

藤田 最初に「間食はダメですよ。ご飯の量も控えめにしてください」と注意したはずなのに、仕事柄そこは難しかったんでしょう。

島地 2人して謝りにいきましたもんね、「ごめんなさい」って。そしたらママは「少し太ったけど、虫を飼いだしてから性格が穏やかになって、お客さんが増えた」とよろこんでいました。サナダムシは人柄まで変えるんでしょうか。

藤田 サナダムシが卵を産めるのは人間の腸内だけです。腸を健康に保つには宿主の心身のバランスがとれていなくちゃいけません。そういう意味では、人柄を変えるともいえますし、実際、生きることに前向きになって自殺者が減る、なんていう調査結果まであります。

島地 さすがにお尻から勝手に出てこられたらアレですけど、それ以外に困ることなんてなにもないんですね。

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/