【沿線革命060】鬼怒川の堤防決壊は、上流ダムを適正に管理していれば起きなかった!?

阿部 等

堤防決壊箇所の河川水位

次に、堤防が決壊した付近の鬼怒川の水位の変化を見てみよう。

水海道での降水量は多くないのに河川水位は急速に上がった

9日17時頃から、特に10日3時頃から急速に水位が上昇し、堤防が決壊した10日12:50から急速に低下した。決壊箇所から大量に水が流出したからである。

その時、現場ではほとんど雨は降っておらず、その前もそれほどの大雨ではなく、住民は、堤防が決壊して水没するなど思いもしなかったのではないだろうか。

上流4ダムの流入・放流・貯水量

たいして雨が降っていないのに堤防が決壊するとは、私の長野での鉄道水害の経験とダブることだ。上流のダムの放流の仕方を調べると、驚くべき事実が分かる。

鬼怒川の上流には、川俣・川治・湯西川・五十里の4つのダムがある。

鬼怒川の上流の4つのダム


以下に、4つのダムの流入・放流・貯水量の時間推移のグラフを示す。9月5日0:00~12日9:20を示しているのだが、表示に日付が記載されておらず見にくい。大きな流入・放流量があるのが9~10日にかけてである。

9日8時頃~10日12時頃に最大600㎥/秒の大量の流入があり、相当の貯水をしたものの、9日9時頃~10日2時頃に最大300㎥/秒の大量の放流をした
9日8時頃~10日12時頃に最大1200㎥/秒の大量の流入があり、相当の貯水をしたものの、9日9時頃~10日12時頃に最大400㎥/秒の大量の放流をした
9日12時頃~10日12時頃に最大700㎥/秒の大量の流入があり、相当の貯水をし、最大100㎥/秒程度の放流に抑えた
9日12時頃~10日18時頃に最大1400㎥/秒の大量の流入があり、相当の貯水をしたものの、最大400㎥/秒程度の大量の放流をした