美女社長の手練手管〜二人の距離を近づける秘密の「会話術」

二村ヒトシ×川崎貴子「スナック人生相談」高田馬場編3
二村 ヒトシ, 川崎 貴子 プロフィール

エンジニアK ありますね。時間をぼくに使ってくれたのにもったいないよな、とか。

二村 それは、その子がKさんと一緒にいたくて時間を使ってるんだから、気にすることないんですよ。どうしてそう思ってしまうのか、理由は思い当たります?

エンジニアK ぼく、小さいころいじめられたことがあるんです。それで傷つけられた人の痛みが、すごくよくわかったから、人に対して傷つけるようなことは絶対したくない。そういうのが、女性に対してもあるのかもしれません。

二村 めちゃめちゃいい人だ……。

川崎 そういう男性の方が、安定した恋愛や結婚は絶対にうまくいきますよ。女性のほうが傷つけられることに対して敏感なので。日常のちょっとしたことでも、「こういう気持ちわかってくれるんだ」「あえてこういうことは言わないでおいてくれるんだ」という心遣いは、嬉しいし、信頼に繋がります。

二村 結婚向きだねえ。

初デートでの最適な会話術

川崎 Kさんはいま、何をしてる時が一番楽しいですか?

エンジニアK なんだかんだ言っても、やっぱり女性とデートしてるときは楽しいですね。異性と会話するのって、楽しいなと思います。

川崎 じゃあ、それをもっと積極的に出していきましょう!

エンジニアK でも、あんまり会話するのはうまくなくて……。

川崎 それは慣れるまでですよね? そんなの、テクニックでなんとでもなります。いま、練習してみましょうか。

エンジニアK えっ。

二村 あっ、ちょうどいい感じの妙齢の女性が、あそこにいるじゃないですか。(近くの席にいた女性に、とつぜん話しかけて)ちょっとすみません、こっちで一緒に飲みませんか?  お酒、おごりますんで……。

女性S 私ですか? あ、はい、いいですよ。あれ、ていうかKくん?

エンジニアK わ、Sさん!

川崎 あら、お二人は知り合い? まあ地元のバーですからね。

女性S 共通の友達がいるんです。Kくんとそんなに話したことはないんですけど。

二村 ちょうどいいじゃない。やってみましょう。はい、スタート! ……なんか俺、監督らしいことをやってるな。AVの冒頭の寸劇を撮ってるみたいだ(笑)。

エンジニアK お、お、お疲れさまです。Mの友達なんだよね? Mとはどうやって知り合ったの?

女性S ええと、知り合いの人に紹介してもらって。同じような仕事してる子ってことで、引きあわせてもらったんだよね。

エンジニアK それっていつの話?

女性S 1ヵ月位前かな。

エンジニアK 最近だね! 一緒に仕事したこととかはあるの?

女性S いや、まだないかな。人を紹介したりはしたけどね。(ひと通りMさんの話)ねえ、MちゃんがKくんのこと◯◯◯って呼んでたけど、あれってあだ名?

エンジニアK あだ名。

女性S どこから来たあだ名?

エンジニアK 小学校くらいに、一緒に学校行ってた友達がつけてくれたんだよね。で、めずらしいあだ名だから浸透して、いまでも続いてるんだ。Sさんはなにかあだ名とかあるの?

女性S 私、あだ名がないんですよね。

エンジニアK え、あだ名で呼ばれたことないの?

女性S うーん、苗字がちょっとめずらしいから、みんな苗字で呼んでくれる。

エンジニアK じゃあ、あだ名考えようか。

女性S えっ!?

エンジニアK うーん、なにがいいかな。下の名前は?

女性S ◯◯です。いや、苗字でぜんぜんいいよ(苦笑)。

川崎 ……はい、終了ー!

二村 わはは、すごい。川崎さん箇条書きで、注意点をたくさんメモってる(笑)。