「遺品整理」に困り果てたら、プロに頼む

迷ってばかりで捨てられない、実家が遠い
週刊現代 プロフィール

また中には、見積書だけでなく、契約書をちゃんと作成してくれる業者もある。不要品の買い取りや個人情報の取り扱いについて、契約書を交わしていれば、何かあったときに慌てなくて済む。

前出の生前整理アドバイザー・上東丙唆祥氏が総括する。

「不要なものの処分に特化した業者から、生前に整理の相談に乗ってくれる業者まで、一口にプロといっても専門分野は様々です。

自分たちがどれくらいプロに関わってほしいかを考えれば、自ずとどんな業者に頼めばいいかが見えてくるはず。その上でいくつか業者を選び、相見積もりをとって比較検討するのがいいでしょう」

親の人生の最後を締めくくる遺品の整理。自力でやるにしてもプロに頼むにしても、後悔しないやり方を選びたい。

「週刊現代」2015年9月12日号より


 ★ 読みやすい会員専用のレイアウト
 ★ 会員だけが読める特別記事やコンテンツ
 ★ セミナーやイベントへのご招待・優待サービス
 ★ アーカイブ記事が読み放題
 ★ 印刷してじっくりよめる最適なレイアウト・・・などさまざまな会員特典あり

▼お申込みはこちら
 http://gendai.ismedia.jp/list/premium