[アイランドリーグ]
香川・松本直晃「大学同期の又吉(中日)と勝負したい」

~リーグ注目選手に訊く(Vol.4)~
スポーツコミュニケーションズ

藤川球児が理想

――後期の課題は?

松本: 今、取り組んでいるのは落ちる球です。速い真っすぐを生かすためにも、落ちる変化球をきっちり覚えたいです。

――速球がセールスポイントですが、球速へのこだわりはありますか。

松本: 150キロ以上のボールを投げたいですね。ここ一番できっちり150キロ以上を出せるピッチャーになりたい。

――ピッチャー像で理想にしているのは?

松本: 今回、高知に入団した藤川球児さんです。僕は野手でしたけど、小学校の頃から、あのピッチングには憧れていました。ピッチャーになってからは、藤川さんのようなストレートと落ちる球を投げたいと動画を見て参考にさせてもらっていたんです。わかっていても打てないストレートを投げられたら最高ですね。

――ピッチャーになって人生が変わった感覚でしょうか。

松本: 全然違いますね。去年まではNPBのユニホームを着ているバッターと対戦したり、北米に行ったりすることは全く考えられませんでした。今はピッチャーをやることが楽しいです。

――NPB行きの可能性も出てきました。又吉投手と同じ舞台で投げ合えるといいですね。

松本: 今は、それを第一に考えています。NPBに行ったら、「又吉に追いつけ」と言われると思うので、ぜひ相手チームで勝負したい。まだ具体的なイメージはわきませんが、現実になるように頑張ります。

(聞き手:石田洋之)