[アイランドリーグ]
香川・松本直晃「大学同期の又吉(中日)と勝負したい」

~リーグ注目選手に訊く(Vol.4)~
スポーツコミュニケーションズ

NPBに行く気は全くなかった

――アイランドリーグに挑戦しようと思い立ったきっかけは?

松本: 軟式野球の監督の勧めです。その時はNPBに行くという気持ちは全くありませんでした。どこかで自分の野球のキャリアにケリをつけなくてはいけない。それなら、レベルの高いところで力を試してみたいと思ったんです。

――トライアウトでのピッチングが目に留まり、香川に入団。上を目指そうと意識し始めたのはいつ頃ですか。

松本: 最初に愛媛相手のオープン戦で投げた時です。先頭バッターに全球ストレートを放ったら、バットに当てさせることなく三振を取れた。これで一気に自信が生まれました。このリーグでもやれるという気持ちが出てきたんです。

――でも、軟式と硬式とではボールに慣れるのも一苦労だったのでは?

松本: やはりボールの重さが全く違いました。投げた後の肩、ヒジの張りも異なる。指先にもマメができて、つぶれて血が出ましたね。爪も割れました。やっと最近、硬式球に慣れてきたところです。

変化球はスライダー、カーブなどを投げる。『ダルビッシュ有の変化球バイブル』も参考にする。

――前期はリリーフで20試合に登板、2勝1敗4セーブの成績でした。投げるうちにつかんだものはありましたか。

松本: 中継ぎや抑えでは、先頭バッターをしっかり打ち取ることが大事になります。マウンドに上がった時の“入り”がポイントになる。前期の終盤は徐々に良い感じの入りができるようになってきました。

――ピッチャー経験が浅ければ、中継ぎの調整や準備も手探り状態でしょう。

松本: それはもう全くわかりませんでしたね。今でも他のピッチャーがどうしているのかを見ながら勉強中です。香川のチームメイトはもちろん、北米遠征やフューチャーズ(イースタンリーグ混成チーム)戦で一緒になった他球団のピッチャーには、ほぼ全員、話を聞きました。(元NPBで)実績のある正田(樹)さん、小林(憲幸)さんにはピッチングでどんなところを意識しているのか、しっかり得て学びたいと思っていました。

――具体的に勉強になったことはありますか。

松本: バッターをよく観察することですね。たとえば、1打席目の何球目で、こういうスイングをしたというのを見て、次はどんな球を投げるかを考える。まだまだ実行するのは難しいですが、とりあえず、バッターの反応をよく見ることは意識しています。

――6月にはリーグ選抜の一員として北米遠征に参加しました。慣れない環境に苦しむ選手もいる中、2セーブをあげ、防御率は0.00と好成績を収めました。

松本: 僕は日本のボールにも慣れていない状態なので(笑)、かえって米国のボールに違和感がありませんでした。それが良かったのかもしれません。たぶん、他のピッチャーは中学、高校とずっとピッチャーをやっていて日本のボールに慣れていると思うんです。だから、「スライダーがかかりにくい」とか「スプリットは落ちやすい」といった違いを話していました。でも、僕は全然、その差がわからない。ただ、がむしゃらに真っすぐでどこまで押せるか試していました。