「一日で150億円稼ぐ男」
6階級王者マニー・パッキャオが極秘来日→銀座で爆買い!
その「意外な目的」とは!?

5月に行われたメイウェザーの一戦は、世界を震撼させた

日本でのビジネスを検討中!?

大使館関係者が続ける。

「実は、パッキャオは『いつか日本でジムを開きたい』という夢を持っているのです。彼は過去に二度、日本で試合をした経験がありますが、その際に日本のボクシングジムを視察して、ボクシング環境の良さに感激していた。彼はまだ引退していませんが、現役を退いた後のビジネスの一つとして、日本で『パッキャオジム』を立ち上げることを考えているようです」

事実パッキャオはこの来日の折に、六本木にあるスポーツジム「トータルワークアウト」を視察している。日本のジムで使用されている最新やトレーニング方法に大変興味を持ったようで、しきりにジムの関係者に「これはなんだ」「どう使うのか」と質問をしていたという。

妻のジンキーさんをはじめ、親戚一同を伴って日本を訪れたパッキャオは、オフも満喫。銀座や青山で買い物を楽しんだのだが、そのカネの使い方は、まさにセレブそのもの。

「時計を集めるのが趣味のパッキャオは、銀座のロレックスで2時間ほど時計を眺め、計9点を購入していました。締めて4500万円。同行していた関係者の分も購入していたというから、驚きです」(パッキャオの知人)