「乳首残像」は効かない!ハンパ君が陥りやすい“AVと現実”の狭間にあるワナ

二村ヒトシ×川崎貴子@高田馬場(第二回)
二村 ヒトシ, 川崎 貴子 プロフィール

川崎 ちなみに、今彼女はいないけれど、セックスをするだけの関係、みたいな人はいますか?

エンジニアK いや、いません。そういう女性を見つけられる自信はないです。

川崎 いいですねえ。それでいいんですよ。前回のM君、読んでる?(笑)

二村 ゴールデン街であった彼は、もっとヤリチンだったからね(笑)。

川崎 恋愛についてのKさんの話をもっと聞きたいんですが、6年前にいた彼女とはなぜ別れてしまったんですか?

エンジニアK ぼくが全然怒らないから、それに甘えてしまってダメだ、みたいなことを言われまして……。

川崎 何を言ってるのかしら、その子(笑)。

エンジニアK ぼくも、なんかよくわからないなと思いました(笑)。

二村 君は優しくしていたのに、その優しさゆえに君に男性性をあまり感じなかったと。ときどき叱ったりしてほしいタイプの女の子だったのかな。

川崎 まあ20代前半だと、女の子もいろんなことを知りたいし、大恋愛にあこがれたり、男の人に自分を思いもしなかったところに連れて行ってほしいと望んでいるケースは多い。でも、これはちょっと解せないね。

エンジニアK その彼女は、通っていた美容室のアシスタントだったんですよね。ぼくといると甘えてしまう、もっと仕事をがんばりたいから別れる、と言われまして。でも、そのあとその美容室ではその子を見かけなくなったんです。

川崎 ふむ。

エンジニアK その美容室にはもうひとり友だちが働いてて、彼女と別れて1年くらいしてからその友だちと飲みに行く機会がありました。で、「彼女最近見かけないけどどうしたの? 転職したの? 」って聞いたら、「出産するからって、辞めたよ。彼女、今は二人目を妊娠してるよ」と。

二村 おっと……。

エンジニアK たぶん、ぼくと付き合ってたときに、もうひとり誰かと付き合ってたんですね。

川崎 そうですね……。

二村 それにもけっこう傷ついた?

エンジニアK 傷つきましたね。結婚して子どもが生まれてるという事実よりも、仕事がんばりたいって言ってたのに辞めたんだ、ってことがショックでした。

川崎 それは、そういう言い訳をされて、結局騙されていたということですよね。

エンジニアK いまやもう、笑い話ですけどね(笑)。

二村 Kさん……。

いい感じに仲良くなっていた子のかばんに、ある日妊婦さんマークがついていた

川崎 この彼女がいなかった6年間、付き合いそうになった人はいなかったんですか?

エンジニアK います。30歳くらいのときに、友だちの紹介で出会った女の子がいたんです。その子と2回くらいデートしてて、けっこう好きで付き合いたいなと思い始めていました。

二村 いいじゃないですか。巨乳だったんですか?

エンジニアK いえ、違います(笑)。で、3回目のデートでランチをしたんです。彼女がトイレに行くと言って席を立ったときに、彼女の持ってたトートバッグが近くにあって、それが目に入ったんですよね。そうしたら、そのトートバッグの取っ手に、UFOキャッチャーのぬいぐるみとかについてるチェーンがついてたんです。

二村 なんだか不穏な展開……。