ラーメンはいつからこんなに説教くさい食べものになってしまったのか

日本人にとってラーメンとは?
速水 健朗 プロフィール

ここでは、本書のおおまかな道筋を示しておこう。

第一章は、戦後の日本の食生活の変化である。米食を主体としてきた日本に戦後入ってきた小麦食。その背景に迫る。テーマは「食文化帝国主義とラーメン」。

第二章は、戦前の日本に根付かなかった大量生産が戦後に根付いていった過程を、食品分野における大量生産方式の最初の導入例であるチキンラーメンの物語に沿わせて取り上げる。テーマは「日本のものづくり」。

第三章は、戦後の重要な年である一九五八年を中心に、ラーメンが戦後の日本人の記憶と結びついていく過程を追いかけ、ラーメンが「国民食」となる理由について考察する。テーマは「日本人の記憶の中のラーメン」。

第四章では、一九七〇年代以降を中心とした国土開発を、ご当地ラーメンの普及に結びつけて考察していく。テーマは「田中角栄とラーメン」だ。

第五章は、一九九〇年代の社会の変化を、メディアの変化として捉え、テレビのリアリティショーとラーメンの関係、そしてさらにはナショナリズムとの関わりについて考察する。テーマは「なぜラーメンはラーメン道になったのか」。

ラーメンとは、西洋料理ではスープ、主菜、主食として別々に運ばれてくる料理を一緒くたにした料理である。元々西洋料理のシェフであり、コロラド大学の学生時代、伊丹十三監督の映画『タンポポ』に影響を受けたことが縁となって東京でラーメン屋を開業した「アイバンラーメン」のアイバン・オーキンは、ラーメンを「小宇宙」と捉えている。一つの丼の中に食事のすべてを入れ込む日本人の料理観が、日本人のラーメン好きの国民性にも表れているという。

これは、日本の庭園とも比較するべきだろう。日本の庭園は池を海に、置き石を山に、植物を大自然に見立てることで、狭い空間に凝縮された世界=宇宙を表出させようとする。ラーメンも、一種日本庭園に相通じる、料理を凝縮した宇宙である。

このような日本人の持つ国民性は、ふしぎなくらいにラーメンを通して浮かび上がってくるのだ。歴史、記憶、グローバリゼーション、ナショナリズム、日中関係、日米関係、あらゆる素材がまるで魚介系と動物系のスープのように濃密に絡み合い、調和がとれているのがラーメンなのである。

果たして、ラーメンとは日本人にとって何なのか? さっそくそれを探る旅に出たいと思う。ラーメンとはまさに旅であり、俺たちはいま、まさに旅の途中なのである……!?

速水健朗(はやみず・けんろう)
ライター、編集者。コンピュータ誌の編集を経て現在フリーランスとして活動中。専門分野は、メディア論、都市論、ショッピングモール研究など。TBSラジオ『文化系トークラジオLife』にレギュラー出演中。