[プロ野球]
上田哲之「山田哲人から見えてくるもの」

スポーツコミュニケーションズ

ステップにみる日本文化

 ちなみに、山田と首位打者を争っている同じヤクルトの川端慎吾にも同じような動きがある。川端は左打者なので右足を上げたときだが、1回、前方に蹴るような動きを入れてから着地をする。

 こうして、セ・パを代表する強打者が、続々と足を大きく上げて、間をとる形のステップで成功していくのを見ていると、それは、ある種の日本野球の、もっといえば日本文化の特質なのかな、と考えたくなる。

 日本野球で大きく足を上げて成功した大打者といえば、王貞治とイチローである。ついた愛称は、一本足打法と振り子打法。イチローの打法は、年々、少しずつ変化が加えられているように見えるが、王さんの一本足打法は、完成の域に入ってからは、ホームランも凡打も、スイングがすべて同じに見えた。足を上げて、ボールとの間を測る様式美とでも言うのでしょうか。そういう域に達していた。

 山田も秋山も、王のあの足を上げて、何か静寂のような間があって打ちにいく様式美ほどの域には、まだ達していないように思う。王さんの場合は、ピタッと何かが臍下丹田に鎮まるような間と言いたくなるが、山田も秋山も、もう少し、ざわついている感じがする。ただ、あえてどちらかと言えば、秋山の方が山田よりも、王の静かさに近いかもしれない。

 思わず、日本文化などと言いつのったのは、同じステップするのでも、こういう足の上げ方は、たとえばメジャーリーグでは、あまり見られないからだ。もちろん、向こうは全員ノーステップだとか言うのではない。

 典型例は、アレックス・ロドリゲス(ヤンキース)だろう。投球に対して、ごく自然にスッと足を上げて、スッと着地してスイングする。意識的に足を上げて間を測るのではなく、無意識に近い感覚で、スッとステップしているように見える。あえていえば、間とリズムの違いでしょうか。

 もちろん、メジャーの投手のボールは手元で動くから、足を上げる打法は難しい、という見解もあるだろう。だが、青木宣親(ジャイアンツ)もメジャーで成功したし、むしろ、山田のように、上体がきっちり動かないかどうかが、ポイントになるのだろう。