【二宮清純レポート】ノーコンピッチャーから打者転向で開眼! 雄平(ヤクルト)「一度死んだ男」の意地

週刊現代 プロフィール

まじめで練習熱心。大いに結構じゃないか。

「いや、彼の場合はまじめ過ぎるんです。アドバイスを受けると、すべて真に受けてしまう。そして考え込むんです、もうノイローゼになってしまうくらいに。だから、僕は彼によくアドバイスをしました。〝あんまり考え過ぎるなよ〟と。

というのも、僕にも経験があるからなんです。僕がヤクルトに入った時の監督は野村克也さん。ベンチに座っていると、リードについて後ろからいろいろなことを言われるんです。それを気にすると、頭の中がいっぱいになってしまう。

そこで、ある時から〝監督があれこれ言うとるけど、もう知らんわ〟と開き直るようにした。それをきっかけに自分の中で殻を破れた気がしたんです。雄平にも、そういう図太さが必要だったのかもしれません」

投げ方がわからない…

雄平の東北高時代の2年後輩にはレンジャーズのダルビッシュ有がいる。同校でこの2人のボールを受けたのが現巨人二軍マネジャーの佐藤弘祐だ。

佐藤は雄平の1年後輩、ダルビッシュの1年先輩にあたる。

「僕の印象では高井さんこそが本格派、ダルビッシュは技巧派ですね。高井さんは力でねじ伏せるタイプ。真っすぐとスライダーだけで十分でした。

一方のダルビッシュは、いろんなボールを駆使してバッターをいかに打ち取るか、ということばかり考えている。ピッチングの目的が違っていたような気がします」

プロでの雄平のつまずきの原因は、どこにあったのだろう。

「僕も巨人に入ってわかったのですが、プロのバッターはボール球を簡単には振らない。高校時代はワンバウンドになる変化球や、高めの真っすぐにおもしろいように手を出してくれたのですが、それを見送られて〝あれっ?〟と思う部分があったんじゃないでしょうか」

2年目、雄平は2ケタ勝利を目指した。そのためには課題の制球難を克服しなければならない。

雄平は自らフォームの改造に乗り出した。

「悪い時はリリースまでの間で力んじゃうんです。体重移動も横振りの動きになっていた。それを縦振りに変えようとして試行錯誤したのですが、うまくいきませんでした」

イニング数は1年目の102回から49回に半減した。フォーム改造は凶と出た。

「〝これじゃダメだ〟〝これでもない〟と悩みながら、3年目にまた元のフォームに戻したんです。僕は自分でフォームを変えちゃうクセがあって、そのうち、どうやって投げたらいいのかわからなくなってしまった」