付き合ったら痛い目をみる「メンヘラ女子」の見抜き方

二村ヒトシ×川崎貴子「スナック人生相談」新宿・ゴールデン街編3回
二村 ヒトシ, 川崎 貴子 プロフィール
 

編集者M 「私なんてどうせ」と言う。

「どうせ」のあとには、「かわいくないし」「性格悪いし」「デブだし」などの言葉が入ります。これって、自分でそう言っておきながら、「そんなことないよ」って言わせたいんですよね。この釣餌に食いついて、望み通りの言葉を言ってあげるとセックスできたりします。でも、1回言ってあげると、毎回言ってあげなきゃいけなくなる。そして、言わないとブチ切れるというパターンに陥るんです。

川崎 それは面倒くさい……。さすがメンヘラほいほい、臨場感あふれる具体例の数々!

編集者M 最後は、こういう言い方が適切かどうかわからないんですけど、受動的だけどセックスが大好きな人。

二村 あ……!!!

川崎 二村さんが久しぶりにソウルフルな反応を…(笑)。

二村 Mくん、いままで関係があった、Mくんを苦しめた女性たちとのセックスって、わりと良かったんじゃない?

編集者M ぼくはそんなにたくさんの人とはしてないですけど、一番気持ちよかったセックスをした相手は、顔に噛み付いた浮気相手です。

二村 それはなぜ?

編集者M うーん、ひとつは彼女自身がめちゃくちゃ楽しんでるな、と思いました。もう感じ方がすごいのなんの。純粋に体の相性なのかなと思っていたんですが……。あ、それと受け身なんですけど、「これはやんなきゃ」って女の子側が考えてる基準が高いですよね。

二村 快楽主義なのか、努力家なのか……。

編集者M これくらい前戯をしてもらったら、自分もこれくらいするべきだみたいなのが、その子のなかに強くある感じがします。それでがんばってくれるから、フェラも気持ちいいんです。前戯のときは、「これくらいしないと嫌われる」なんていう強迫観念かもしれませんが。

二村 知り合いで、メンヘラ男女のセックスを定義した人がいるんです。彼ら彼女らのセックスがなぜエロいかというと、宇宙とセックスしてるからだと。

川崎 相手とじゃないんですね。

二村 心の中の宇宙、自分の世界ってことですよね。だから、自分の中にルールがあるし、没頭するからめちゃくちゃ感じる。目の前の人じゃなくて、自分の中の物語とセックスしてるということなんです。

編集者M まあ、その顔に噛み付いた人は、その後、勤める会社でトラブルを起こしてクビになったそうですが……。

川崎 そうですか……。でも、本当に問題なのは、Mくん、あなたのほうですね。

(→次回はこちら