【現地ルポ】他人事ではない!
「借金まみれ」ギリシャを見て、10年後の日本を思う

週刊現代 プロフィール

「ギリシャでは公務員を容赦なくリストラしたので、いまや郵便局では遅配が当たり前。以前は窓口に5人いたのが2人になって仕事が回らないから、窓口は長蛇の列です。

こうした事例はいくらでもあって、たとえば役所ではビザの更新なども停滞している。2年のビザがおりても、すでにその時点でビザの期限が1年半くらい過ぎているという話も聞きます」

これが借金まみれの国の末路であり、日本がいつか通る道になるのかもしれない。見たくもない現実だろうが、ギリシャのいまを直視することで心構えをしておきたい。

「週刊現代」2015年7月17日号より


 ★ 読みやすい会員専用のレイアウト
 ★ 会員だけが読める特別記事やコンテンツ
 ★ セミナーやイベントへのご招待・優待サービス
 ★ アーカイブ記事が読み放題
 ★ 印刷してじっくりよめる最適なレイアウト・・・などさまざまな会員特典あり

▼お申込みはこちら
 http://gendai.ismedia.jp/list/premium