婚活中の女性よ、目を覚ませ!学歴もモテも年収もフツーの「ハンパくん」こそ良物件!?

二村ヒトシ×川崎貴子@新宿・ゴールデン街(第2回)
二村 ヒトシ, 川崎 貴子 プロフィール

結婚に逃げる女性と、仕事に逃げる男性

コンサルH おっと、そんなことがあるんですね。興味深いです。その年上の女性は、なぜそんなハンパくんと不倫をするんでしょうか。

二村 それ、わかるなあ。ハンパくんって意志が強くないから、女性の側からコントロールできるんだよ。そして、若くてセックスが悪くなければ、年上の強い女の人の欲望処理の相手としてはちょうどいいと思います。

川崎 あと、プチ恋愛してるみたいな気分もちょっと味わえるんでしょうね。ハンパくんもちゃんと女の人からアプローチされたことがないから、既婚女性が図々しく迫るところっと落ちちゃう。でもちゃんと付き合ってるわけじゃないから、恋愛のスキルは上がらないんです。

コンサルH うーん、そういう女性とまさに中途ハンパに付き合うハンパくんは、さらに自分から女性に近づくメリットを感じられないでしょうね。セックスも満たされちゃってるわけだし。

二村 それだったらそれで、その時は全然オッケーな気もするけど、老後が心配か……。ハンパくんは、どうしたら自分の幸せに向きあおうと思えるのかなあ。

川崎 女性から婚活の相談を受けていて思うのは、彼女たちは幸せになるために、社会的な役割から逃げようとすることが多いんです。お金を稼ぐ力はこの先絶対必要なのに、金持ちの男を捕まえて専業主婦になっちゃえ、と思っている。でも、そんなお金持ちの男性は少数です。だから、私は「それじゃあ幸せになれないよ」という話をよくしています。でも、おそらくハンパくんたちは逆に、仕事の成功ばかりを目指していて、自分の幸せはなにかということを考えないんじゃないかと。

二村 成功の方に逃げてるんだ。

川崎 仕事で成功すれば、嫁や子どもはあとからついてくる、と思っているのかもしれません。でも、その成功ってやつも、「いつまでも見果てぬ夢」みたいなものじゃないですか? でもそうしているうちに歳をとり、ひとりぼっちが気楽になり、孤独をこじらせてしまう。だから、男性はもっと若いうちから、自分の幸せについてリアルに考えたほうがいいと思います。

コンサルH 成功のイメージが、偏差値の延長線上にあるんでしょうね。年収400万を450万にしたい、とか。

川崎 でもそれくらいじゃ、女性は無条件についてこないわけですよ。そして、働いている女性であれば、実は年収400万円でもいいんですよ。女性達は一緒に幸せになれそうな、何かがあればいいと思っていて、それはコミュニケーションかもしれないし、自分とまっすぐ向き合ってくれる覚悟かもしれない。精神でつながれる、一緒にいて「共に幸せを感じ合える男性」を求めているんです。

二村 そういう女性の思いを、ハンパくんに知ってほしいよね。あと、ぼくはハンパくんについてもっと知りたい。特に興味があるのは、そういう男性たちのセックス事情。

川崎 本業ですからね(笑)。たしかに、私たちだけで話していても、ハンパくんの本当の姿はつかめないですよね。実際にハンパくんとお話したいです。

(と言っていたところに、ちょうど一人の若い男性が現れて――)

次回に続く。