高岡本州 第2回
「奈良の西大和学園の学生寮にもエアウィーヴを入れました。果たして来年、どういう結果が出るか・・・」

島地 勝彦 プロフィール

シマジ さすが、目のつけどころがすばらしい。眠る愉しみというものを、わたしはエアウィーヴを使ってはじめて知りました。

高岡 「眠る愉しみ」ですか。コピーに使えそうですね。

シマジ どうぞ、よかったら使ってください。これがエアウィーヴを愛用しているわたしの実感ですから。だから、こんな素晴らしい商品を開発された高岡会長と一度お会いしてみたいと思ったのです。

高岡 ありがとうございます。

立木 シマジの元気の秘密はエアウィーヴだったのか。

シマジ そうですね。それから、操体法の三浦寛先生に週に1度施術をしてもらうのと、月に1度のエアープレスかな。

立木 忙しいくせにいろいろやっているんだな。実際どれが効いているのかわからないんじゃないのか。

シマジ 全部効いているんです。最近「ヨルタモリ」で全国的に有名になった吉原さんこと、ジャズ喫茶ベイシーのマスター菅原正二と顔を合わせると、いつも言う合言葉があるんですよ。

セオ 興味深いですね。なんて言っているんですか。

シマジ「正ちゃん、なんとか2020年のオリンピックまでは元気でいようよ。生涯で2度も、東京オリンピックを見るのは悪くないよ」って言っているんです。正ちゃんはわたしより1歳下だから、いま73歳かな。2人とも水商売をしながら物書きをしている者同士です。

立木 オリンピックが終わったら、今度は、「2027年開業のリニアに乗って名古屋に行こう」と言うんだろう。

シマジ バレたか。アッハハハ。

高岡 エアープレスっていうのは興味深いですね。どこにあるんですか。

シマジ 東銀座にサロンがあります。そこの平野社長をいつでもご紹介しますよ。エアープレスという高気圧酸素カプセルのマシンに入るだけで、元気になるんですよ。

普通、われわれが生活している平地は1気圧なんですが、そのカプセルのなかは1.3気圧ぐらいで、3メートルくらいの海に潜ったように耳が詰まった感覚に襲われますから、耳抜きが必要になります。また、平地では空気中の酸素濃度は21%ぐらいなんですが、マシンのなかは28%前後に設定されているんです。体のすみずみまで酸素が行き渡って二日酔いもいっぺんになくなりますよ。視界もよくなりますね。たった約1時間入るだけなんですが、効果は覿面です。

高岡 是非紹介してください。そのマシンのなかにうちのエアウィーヴを敷いたら抜群でしょうね。