試合で消費したカロリーが途上国への援助金になる
『ライオンズ カロリーオフセットプログラム2015』に注目!

選手が試合で消費した1キロカロリーが1円に換算され、開発途上国支援に充てられる©SEIBU LIONS

この夏、埼玉西武ライオンズとTABLE FOR TWO International(TFT)が、『ライオンズ カロリーオフセットプログラム2015』を実施することになりました。ベースボール・レジェンド・ファウンデーション(BLF)は、協力団体としてこのプログラムをサポートします。

試合が盛り上がるほど大きな支援に

『ライオンズ カロリーオフセットプログラム2015』では、選手が試合で消費したカロリーを「1キロカロリーにつき1円」、ファンが応援で消費したカロリーを「200キロカロリーにつき1円」として換算し、TFTを通じて台風被害にあったフィリピン・レイテ島など開発途上国の農業生産向上のサポートやインフラ整備に利用され、自発的にカロリーを生み出すための支援に充てられます。

対象となるのは、7月24日(金)の北海道日本ハムファイターズ戦から8月23日(日)の千葉ロッテマリーンズ戦までのライオンズホームゲーム15試合。この期間、選手たちはパワーアップ&スピードアップを強化させることで、また、ファンは応援をヒートアップさせることで多くのカロリーを消費するよう努め、より大きな支援を届けることを共に目指していきます。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら