急増中!遺骨を「ゆうパック」でお寺に配送
「ゼロ葬」時代はここまで来た

葬儀不要、墓もなくていい。あなたはどう思いますか?
週刊現代 プロフィール

檀家制度の弊害で、住職たちはお布施が自動的にやってくると考え、努力しなくなっている。かつては寺子屋という言葉もあったように、コミュニティのひとつの核になっていた寺院が、いまでは地域から遠い存在になってしまっているのです」

寺院にも経営感覚は必要と説く橋本住職。旧来型の墓についても、墓石を自前で購入し中間マージンを削減するなど、新しい試みを重ねている。

送骨サービスの永代供養料3万円という金額にも、必要最小限という計算が働いている。

「3万円いただければ、正装してお経をあげて手厚く葬ってさしあげられる。安すぎるのも考えもので、永代供養料1万円というところもありますが、ろくに供養もせず放置している場合もあると聞いています」(橋本住職)

ところで、宅配便で送るという手軽さに驚くサービスだが、そもそも本当にゆうパックで遺骨を送っても大丈夫なのか。

ゆうパックを運営する日本郵便広報室によると、

「遺骨は拒絶の対象ではありません。適切に梱包されていれば送ることができます。ただ他の利用客の心情も勘案し、大々的に『送れます』とアナウンスはしていません」

万が一、紛失・破損などした場合は、どのように補償されるのか。

「一般のゆうパックと同じで、通常30万円以内です。370円追加してセキュリティサービスを付加すると50万円以内となります」(同広報室)

絶対に替えのきかない遺骨。それがかりに事故で失われたとしたら、30万円以下という金額をどう感じるか。規定である以上、ゆうパックを利用するなら受け入れるしかないのだが、戸惑いを覚える方もいるだろう。

「あり」か、「なし」か

一方、ゆうパック以外の宅配サービスでは、遺骨を送ることはできない。クロネコヤマトの宅急便を展開するヤマト運輸に問い合わせると、「お骨ですか?ダメですね」(同社広報戦略部)と即答。同社の「宅急便約款」にはこう明記されている。

〈荷物の性質により拒絶するもの(……中略……)遺骨、位牌、仏壇〉

日本の弔い方の最先端を行く送骨サービス。葬送について考えつづけてきた有識者たちも、受け止め方はさまざまだ。

元東京都監察医務院長で、2万体超の遺体を検視するなど死を見つめてきた法医学者の上野正彦氏(86歳)は、こう話す。