起業家として成功するには~柔軟なスケジュールと笑える時間が大切

〔PHOTO〕Thinkstock

ストレスを制御する仕事と生活のバランスのとり方

【質問】 日々の生活で、ブランソンさんはストレスをどう解消していますか?
また新進の起業家に個人的にたったひとつだけアドバイスするとすれば、それは何でしょうか。

わたしは今、ヘルス&フィットネスの静養所をコスタリカに作りはじめたところです。何か役立つアドバイスをいただければとてもありがたいです。(タミー・ナデン)

* * *

――ブランソン: 50年以上まえに最初の事業を起ち上げて以来、ストレスが溜まる状況に直面した回数は数え切れません。ヴァージン創立後の数年は、会社を閉鎖せざるを得ないような脅威を何度も味わいましたし、それ以降も難局が延々と続きました。

ストレスとビジネスは切り離せるものではなく、また、ストレスがかかるとやる気にも火がつきますから、ストレスは悪、とは一概に言い切れないのですが、圧力があまりにも昂進すると、感情や肉体への被害は深刻化します。そこからわたしが学んだことは、ストレスを制御するには、仕事と生活のバランスをうまくとることが大事だということです。

職場での福利の問題は、長い間、世間の注目を集めてきました。ほとんど気分転換ができないスタッフが仕事に没頭できるようにと、雇い主が古くさい企業の習慣に替わる方法を探してきたからです。実際に、最近私たちも、ヴァージンディスラプター主催でこの議題について興味深く活気にあふれたディベートをしています。

ワークライフ・バランスは、人によっては厳格な順序に従うことを意味します。食事、睡眠、運動、そしてその繰り返しです。しかしわたしの場合には、あらかじめ決められた手順はほとんどありません。起業家にとっては柔軟性こそ命です。明日何が起こるかは分かりません。ですから状況に応じて、重要なことから順番に遂行することが極めて重要なのです。あなたのスケジュールをぶち壊してしまうような難局にでくわしたら、それらの重要度を評価し、それに基づいてやるべき事の優先順位を再構成しなければなりません。

起業家であれば誰もが多くの仕事を同時進行させなければなりませんから、注意があちこちに拡散していては生産的ではありません。優先順位をつけて集中を途切れさせないために、わたしはまずやるべき作業のリストを書き出し、会社へのそれぞれの作業のインパクトの度合いを考えて、実行リストを順序立てます。これは誰にとっても有効な方法だと思います。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら