Photo by Gratisography

人は私を裏切るけれど、リストカットは私を裏切らない?

自傷は「生き延びるため」のものだ!

なぜありふれているのに気付かれないのか?

私は、自殺予防と薬物依存症を専門とする精神科医です。今回私は、自傷に関する著書(『自分を傷つけずにはいられない 自傷から回復するためのヒント』)を上梓しました。ごく簡単ではありますが、この本を紹介させていただきます。

自傷とは、自殺以外の意図から自分の身体を軽く傷つける行為を指します。

代表的なものはリストカットですが、他にも「壁に頭をぶつける」、「血がにじむほど皮膚に爪を立てて腕をつかむ」、「火のついた煙草を自分に押しつける」といった行為があります。

こういうと、「これまた何とマニアックな話題を……」と思うかもしれません。しかし実は、意外にありふれた現象なのです。私の調査では、10代の若者の1割がリストカットの経験があり、そのうちの約6割は10回以上繰り返していることがわかっています。

ただ、親や学校の先生によって気づかれる人は、実際の経験者のうちの約30分の1だけ、ほんの氷山の一角です。あなたが「マニアック」と感じたのはそのせいでしょう。

これまで私は、精神科医として診察室で、自傷を繰り返す患者さんを多数治療してきました。

最初は本当に戸惑いました。私が駆け出しの精神科医だった頃、精神医学の教科書のどこにも「自傷」をくわしく説明した項はありませんでしたし、指導医も人によっていっていることがまちまちでした。だから、何もわからないわけです。

仕方ないから自分で調べるしかないかと重い腰を上げたのが、一連の研究を始めたきっかけでした。そうした研究の成果はすでに何冊かの本にまとめて、出版しています。

でも、今回の本はこれまでのものとは違います。これまで書いてきた本はいずれも精 神科医や臨床心理士、教師といった支援側の人たちに自傷の正しい理解と対応を伝えることが目的でした。

しかし、今回は自傷の当事者に向けて書くことに挑戦したのです。

理由は簡単です。どんな名医であっても、一生のうちに直接治療できる患者さんの数は限られています。でも、もしも読むことで治療的な効果を持つ本があったらどうでしょうか?

たとえば、日頃、自分が診察室で自傷を繰り返す患者さんに伝えている言葉を、そのまま本にしたら? うまくいけば、たくさんの当事者を助けられるかもしれない……そう思ったのです。