【物件選びの知恵004】 杉並区、豊島区は「駅遠」物件にもチャンスあり!?

田中 歩(不動産コンサルタント)

格差が少ない杉並区

次に、杉並区を見てみましょう。

杉並区の「①最寄駅からの距離100mに対する価格上昇率の変動率(%)」は▲4.0%と、平均の▲8.4%の半分以下の変動となっています。さらに、「④変動インパクト」は、平均▲2.3%に対して▲1.0%という結果です。

ここから言えることは、杉並区については、区内のどこであっても、最寄駅からの距離によって、価格差が生じにくく、また現時点においても価格差が比較的生じていない地域ということが言えます。

もちろん、最寄駅からより近い立地のほうがよりよいとは思いますが、他の地域に比べて、最寄駅からの距離を強く意識しなくてもよい立地ということが現時点では言えそうです。

消滅可能性都市 豊島区に以外なチャンス?

最後に、都内で唯一「消滅可能性都市」と言われる豊島区です。

「①最寄駅からの距離100mに対する価格上昇率の変動率(%)」は+0.2%と、唯一プラスの値となっています。つまり、この3年間で豊島区の地価公示は、最寄駅から100m離れると0.2%アップしたということです。地域間格差が3年間で少しずつ調整された地域ということが言えそうです。

とはいえ、「④変動インパクト」は、平均▲2.3%に対し▲4.2%ですから、現時点においては、まだまだ最寄駅からの距離によって差がある地域ということになります。

しかし、このままのトレンドがもし継続するのであれば、多少駅から離れた場所であっても、中長期的に価格差が縮小してくれば、資産性の面からも面白い立地ということが言えるかもしれません。

消滅可能性都市と言われていますが、案外こうした立地にこそ、チャンスがあるのかもしれません。

田中 歩(たなか・あゆみ) 不動産コンサルタント。1991年 三菱UFJ信託銀行(旧三菱信託銀行)入社。企業向け不動産コンサルティング・不動産相続コンサルティングなどを切り口に不動産売買・活用・ファイナンスなどの業務に17年間従事。2009年 あゆみリアルティーサービスを設立。ライフシミュレーション付き住宅購入サポート、ホームインスペクション付住宅売買コンサルティング仲介、不動産相続コンサルティングなどを手掛け、ユーザー目線のサービスを提供。また、設計士・施工業者との連携による空き家再生ストラクチャーを構築(木賃デベロップメント)。2014年11月 さくら事務所執行役員として不動産コンサルティング事業の企画運営に参画。NPO法人日本ホームインスペクターズ協会理事/公認ホームインスペクター。


 ★ 読みやすい会員専用のレイアウト
 ★ 会員だけが読める特別記事やコンテンツ
 ★ セミナーやイベントへのご招待・優待サービス
 ★ アーカイブ記事が読み放題
 ★ 印刷してじっくりよめる最適なレイアウト・・・などさまざまな会員特典あり

▼お申込みはこちら
 http://gendai.ismedia.jp/list/premium