「目」「肩」「腰」「ひざ」「頭痛」の名医100人徹底調査! 長年の悩みを解消してくれるのは、この医者だ 完全保存版

週刊現代 プロフィール
※表中の安曇野赤十字病院・澤海明人医師の専門とする疾患などについて、表記を一部変更いたしました。

主に変形性ひざ関節症などを原因とするひざ痛の患者数は2000万人、予備軍も併せると3000万人の患者がいると推計されている。治療には、ヒアルロン酸の注射や痛み止め薬を処方されたり、手術を勧められることが多いが、これも注意したほうがいい。前出の黒澤医師が言う。

「変形性ひざ関節症を原因からすっかり治す方法は今のところなく、薬物療法はその場しのぎにすぎません。ですが、適切な治療を行えば痛みが取れ、進行させずに日常生活を送ることは可能です」

その適切な治療法とは、黒澤医師が独自に開発した運動療法。仰向けに寝て足を10cmほど上げてゆっくり下ろす、など、ごく簡単な運動ばかりだ。さまざまな病院にかかって治らなかったひざ痛の患者でも、「初期の段階だと91%、中期だと73%が、運動療法だけで改善した」(黒澤医師)という。

体操だけで治す

肩、腰、ひざの痛みでも、もちろん重症であれば手術が必要なこともある。その場合は、表に記したような手術の腕がある医師たちにかかることをお勧めする。手術が巧く、実績も豊富な医者については、解説欄に記載した。