「目」「肩」「腰」「ひざ」「頭痛」の名医100人徹底調査! 長年の悩みを解消してくれるのは、この医者だ 完全保存版

週刊現代 プロフィール
※表中の安曇野赤十字病院・澤海明人医師の専門とする疾患などについて、表記を一部変更いたしました。

厚労省の調査によると、体の不調でもっとも多いのは肩こりと腰痛。ひざを含む手足の関節の痛みも上位に挙がる。だが、いざ症状が進行して病院へ行くと、不適切な治療を勧められてしまうことがある。

順天堂東京江東高齢者医療センター・整形外科特任教授の黒澤尚医師は、「肩」「腰」「ひざ」の痛みで病院にかかるときの注意点を解説する。

「60歳を過ぎると、首の骨が徐々に老化し脊髄を圧迫してきます。そのため、肩こりや腰痛、ひざ痛が出てくる。この場合、重症でない人は、まず経過観察をし、運動や薬物療法などをするのが基本です。

『手術をしないと動けなくなる』と医者が脅して手術に誘導することもできてしまいますが、まず、手術なしで症状を取ることはできないのかを考えるべきです」

腰痛に悩む患者は、全国で3000万人もいると言われる。きちんと診断のできる名医にかかれば、手術を必要とせずに痛みを解消できる場合が多い。20年近く、ひどい腰痛に悩まされてきた60代の男性も、「名医」の恩恵を受けた。