人生を楽しんでいる人はボケない! 医学データが実証する単純だけど重要なアンチエイジング法【前編】~ELO(人生楽しみ度)を高めよう!

川田 浩志

できるだけ楽しく生きるようにする

では、どのようにメンタルを管理すれば良いのでしょうか? 医学や心理学の専門家であればいざ知らず、ふだん医療とは関わりの薄いビジネスマンや主婦の方々が、どうすれば自分のメンタルを適正な状態にしたり、それを維持したりできるのでしょうか?

私は、誰にでも実行可能で、その人の幸福度がアップし、しかも医学的にもしっかりと効果が実証されている、ある方法をおすすめしています。

それは、"できるだけ楽しく生きるようにする"ということです。

現在の日本は、四人に一人が65歳以上の高齢者という未曾有の超高齢社会です。しかも、高齢者の割合は、今後もさらに増え続けていきます。老後のことを考えるのは、もはや他人事ではありません。

今の日本人の平均寿命は、男女とも80歳を超えています(男性80.21歳、女性86.61歳:2013年の厚生労働省調査データ)。

でも、残念なことに健康寿命、つまり健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間は、平均寿命より男性で約10年、女性で約13年も短いのです(男性70.42歳、女性73.62歳:2010年調査データ)。

つまり、70歳を超えたあたりから、なんらかの支障を身体や認知機能に抱えながら、その後の10年以上を生きることになるのです。「寝たきり」になる人もいます。

でも、そんなの嫌ですよね?

ほとんどの人は、人生の後半は幸せで健康的にすごしたい、と思うはずです。そのための準備もしたいと思うかもしれません。では、今からなにをすればいいのでしょうか?

その答えもやはり、

"できるだけ楽しく生きるようにする"

ということなのです。