名医たちが涙する「忘れられない患者たち」(下) 「彼らに僕は大事なことを教わりました」

人気シリーズ「日本が誇るトップドクターが明かす」
週刊現代 プロフィール

「彼 女が弱音を吐いている姿は一度も見たことがありません。彼女は、自分が生きていることの意味がわかっていたんだと思います。生きることは、自分のやりたい ことができるということなんでしょう。それなくしての治療は意味がない。彼女を見ていて、そう思うようになりました」

生きるために治療をするのではない。何をするために生きるのか。それが治療の目的になる。林医師は、患者に必ずそれを問いかけている。

一人の患者の生き様が、一人の名医を生み、そこから多くの患者が救われることがあるのだ。

>>>「人気シリーズ「日本が誇るトップドクターが明かす」名医たちが涙する「忘れられない患者たち」(上)」はこちら

「週刊現代」2015年4月25日号より


 ★ 読みやすい会員専用のレイアウト
 ★ 会員だけが読める特別記事やコンテンツ
 ★ セミナーやイベントへのご招待・優待サービス
 ★ アーカイブ記事が読み放題
 ★ 印刷してじっくりよめる最適なレイアウト・・・などさまざまな会員特典あり

▼お申込みはこちら
 http://gendai.ismedia.jp/list/premium