Photo by Blair Fraser on Unsplash

55の事例でわかった「飛行機が落ちる本当の原因」とは?

『飛行機事故はなぜなくならないのか』

「前書き図書館」メニューページはこちら

「想定外」が大事故を招く

 飛行機に乗るとき、頭をよぎるのが「事故」。堕ちたら一巻の終わりと考えるからか、少しの揺れにも身構えたりしてしまう。しかし実際には、揺れが原因で堕ちることはまずない。パイロットの勘違い、ちょっとした整備ミス、小さな故障など、さまざまな「想定外」が大事故を招いてきた。

 本書では、世界で起きた55事例をもとに、これまでにどんな飛行機事故が起き、それを教訓に旅客機はどう進化してきたかを解説する。

はじめに

 飛行機、特に旅客機による事故やトラブルは、大きく報道されることが多い。これは日本に限ったことではなく海外でも同様だが、広く世界に伝わるのは大事故(あるいは旅客機が係わった大事件)だけである。

 外国での滞在中にテレビなどで見聞きした旅客機のトラブルが、日本ではほとんど報じられていなかったことを帰国後に知り驚く、ということもままあるが、これはその事態が日本(あるいは日本人)とどのくらい関係があるかという点から報道価値が判断されるためであろう。こうした点も世界共通で、外国で何かが起きたときに自国民が巻き込まれていないかなどの関与の有無が真っ先に調べられ、その結果によって後の報道の扱いが変わっていく。

 旅客機の事故が大きく報じられる要因の一つは、犠牲者数が多数にのぼり、社会に与える衝撃や影響が大きいからだ。また移動手段として旅客機が普及を続け、より多くの人が使うことになったため、犠牲になった方々を我が身あるいは家族などに置き換えやすくなったという心情的な側面もあると思う。

 国土交通省のまとめでは、2013年(暦年)における日本の航空旅客数は、国内線旅客が約9105万人、国際線旅客(日本の航空会社のみ)が約1486万人だった。どちらにも外国人が含まれているし、一人で複数回利用している人も数えられているが、合計の約1億591万人という数は、2015年1月1日現在の日本の人口(概算値)の約1億2712万2000人に近い。

 大雑把な言い方をすれば、毎年日本の人口とほぼ同じ数の人が日本の旅客機に乗っていることになる。旅客機に何かが起きるときに、自分も乗り合わせているのではないかと考えるのも、ある意味頷ける。

 旅客機に乗ることに対して不安を持っている人がいることは事実だ。有名人の中で、移動には極力飛行機を使わない、と公言している人もいるし、筆者の知り合いでも「できれば乗りたくない」と漏らす人もいる。

 ただ、国内旅行ならば鉄道や高速道路を使うことができるが、海外旅行となると飛行機の使用はまず避けることができない。国内の移動にしても、本人の嗜好などはあるものの、日本人全体としてみると、800kmという距離が分岐点になっているとされる。移動距離が800km以下であれば鉄道や自動車を使う人が多く、800kmを超え距離が長くなるほど空の旅を選ぶ人が増加していく、という調査結果がある。

 飛行機は嫌だと言っていても、移動距離が延びれば仕方なく、そして恐怖心を抑えて、旅客機に乗る人が出てくるのだ。

 飛行機に乗ることへの恐怖感は、安全に飛行するように作られている乗り物とはいえ、地に足が付いていないという非日常的な状況により本能が引き起こすものであろう。そして我々は、高いところから墜ちれば怪我をすることがあり、時には命を落とすことも知っているので、飛行機が墜落したらただでは済まないという認識を有している。

 そしてそれは正しく、こうした認識を打ち崩せる理屈はない。