二宮清純「今季のカープは“鯉のぼりから”か!?」

二宮 清純 プロフィール

2勝7敗1分から巻き返した例も

 そこでスタートダッシュに失敗しながらペナントレースを制した例を調べてみました。近年で思い出されるのは2008年の巨人です。

 巨人は最初の10試合で、球団ワーストの開幕5連敗を含め、2勝7敗1分と低迷しました。飛び出したのは阪神で、7月初めには13ゲーム差をつけられました。それをひっくり返したのですから、「メークレジェンド」として話題になりました。

 24年間も優勝から遠ざかっている広島に、08年の巨人のような底力を求めるのは酷かもしれません。前年も優勝していた巨人は戦力に厚みがありました。

 気になるのは就任1年目の緒方孝市監督です。負けが込むと、動くべき時に動かなかったり、動いてはいけない時に動いてしまったりと、どうしても采配がチグハグになってしまいがちです。

 むしろ、ここは腹をくくり、隠忍自重の精神で、どっしりと構えておいた方がいいのかもしれません。指揮官が浮足立つと、グラウンドの選手のプレーにも影響を及ぼします。

菊池は「一番勝ちたいのは僕たち(選手)。ファンの方には、それを後押ししてほしい」と力を込める。

 8日の巨人戦で、8連敗のピンチを超のつくファインプレーで救ったセカンド菊池涼介選手の帽子のひさしには「笑顔」と書いてあります。菊池選手は「野球を楽しみながら、気持ちに余裕を持って試合に臨んだほうがいい」と語っていました。この思いを全選手で共有することでしょう。

「今年のウチは鯉のぼりの季節からが勝負」
 そんなセリフを緒方監督の口から聞きたいものです。