グローバルに考えローカルにはじめよ/リチャード・ブランソン

〔PHOTO〕Thinkstock

他社との違いを明らかにしたうえで販売方法も考えよう

【質問】 私は今、ジャマイカに戻っています。アメリカのフェニックス大学で経営学の博士課程に在籍していましたが、近頃のひどい通貨(ジャマイカ・ドル)安で、授業料が払えなくなったからです。

いろいろ調べてみると、こういう経済状況でも生き残るには、自分の収入をアメリカドルに対してヘッジ(防衛)する手立てを見つけることが一番いいようです。そこで世界のどこででも売れそうなドリンクを新製品として考案したのですが、その起業に必要な融資をどこからも得られません。

起業家になる夢を叶えるにはどうすべきでしょうか。また、私が学業を続けられるようなアイデアがありましたらご教示ください。(ジャマイカ、キングストン/マーロン・ファークハーソン)

* * *

――ブランソン: マーロンさん、あなたの質問には重要なポイントがいくつも含まれています。なかでももっとも重要なことは、モチベーションです。学業から離れなければならなくなったことは残念ですが、大学の学費を得るために新商品を開発しようという意思には感心させられました。しかしそうは言っても、単にてっとり早く金儲けをするために起業するというのなら、それは多くの人にとってうまく目標を達成するやり方ではありません。

ドリンクからはじめるというのは良いアイデアに見えるでしょうが、短期間でその商品が世界中から引っ張りだこになるとは到底思えません。海外で自社ブランドを起ち上げる費用は莫大ですし、未知数の商品を喜んで扱ってくれる流通・販売業者を海外で見つけることもすごく難しいです。それがいまだに融資を得ることのできない理由ではないでしょうか。

潤沢な資金がないとなると、まずはジャマイカの現地で製品化することにエネルギーのすべてを集中し、その後カリブ海全域に広げていく方法が良さそうです。ジャマイカ島の活気とエネルギーが漲る強力なローカルブランドを創造できれば、パートナーや投資家を惹きつける機会もふえるはずです。

製品についてよく考え、自社のドリンクのどのような特長が他社よりも際立つのかを正確に把握してください。次にそれらの特長を書き出し、将来どういうやり方で買い手にそれらをアピールするかを決めてください。100パーセントナチュラルが売りなのか、それとも地元生産が売りなのかを考えましょう。ジャマイカの家庭の味が売りなのか、それとも現地でしか味わえない何か特別なものなのか、というわけです。

同時に、製品が持つもっと広範な目的や、それで世の中を良い方へと変える可能性についても掘り下げて考えてみましょう。アイデアの1つとしてたとえば、その利益を学生の授業料支援へと振り向ける方法があります。まずは自分自身の教育費が必要だとしても、残りは余裕のない学生の補助に充てるのです。事業の将来も射程に入れるなら、キャンパスで売れるあらゆる商品にこのやり方は適用されるでしょう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら