サラリーマンが嵌まる甘い罠「着服」の誘惑——最初はほんの出来心だった…

伊藤忠6億円 東レ2億円 NHK6200万円……
週刊現代 プロフィール

'13年10月には岩手県の洋野町国民健康保険種市病院の元薬剤科長が病院の薬品を横領、転売し、14年7ヵ月で約1億7000万円を受け取っていたことが発覚。この元薬剤科長は逮捕直前、その心中をこう告白している。

「(薬の発注は)私が全部やっていたからできた。最終的なチェックも自分でやっていた」

「車のローンなどで金額がわからないほどに借金が膨らんでいた。カネを借りては返すの繰り返しで、冷静な判断ができなかった。

横領をやめる機会は何度もあったが、インターネットで買い物をするのが楽しくて、感覚がマヒしていた」

着服のきっかけは、薬剤科に届いた「薬売ります、買います」という業者のダイレクトメールを目にしたことだという。

「カネは盛岡市内に購入したマンションの頭金や競馬にも使った」

ローンで首が回らなかった、という切実な状況から始まった着服は、いつの間にかインターネット・ショッピングや競馬で遊ぶカネほしさに変質してしまい、ズブズブにはまりこんだ本人は、もう自力では抜け出せなかった。結局、元薬剤科長は県警などに逮捕、起訴されている。

誘惑に勝てますか?

'14年4月、大手商事会社伊藤忠のニュージーランド現地法人を、ほとんど一人で任されていた当時32歳の男性社員が、約700万ニュージーランドドル(約6億円)を横領したとして、同社から解雇、刑事告発されるとともに民事でも同社が損害賠償請求を行った。

その民事裁判で、元社員側は事実関係をこう述べている。

〈200ニュージーランドドル(約1万8000円)までは上司の決裁なく使うことが許されていましたが、実際にはネットバンキングで日々の取引を管理していたのは自分だけでした〉

そして、半年の間に約70回も会社のカネを自分の銀行口座に移し替えていったのだ。

その心理を象徴しているのは、1回あたりに着服した金額。70回の取引の初めの15回ほどは1万~3万ニュージーランドドルだったものが、次第に金額が大きくなり、30回を超す頃には10万ニュージーランドドルへと、大胆な着服を行うようになっていく。

〈FX取引にはまり、やめられなかった〉という元社員。犯行は大胆になっていくが、その陰では常に発覚を恐れ、ビクビクしていた。