起業のインスピレーションは、あなたの足もとに

〔PHOTO〕Thinkstock

家に閉じこもっていては何も生まれない

【質問】 これまでの人生でいろいろなことをやってきました。大学にも行きましたし軍隊にも入りました。でも、これまでのもくろみは、すべて失敗だったようです。学生のころ、起業家コースではよい点数をとっていました。自分の事業を起こし、なにか新しいことをはじめようと考えています。しかし一歩も前に進めません。

どうしたら独自のアイデアのひらめきを得ることができるのか、ブランソンさんの体験的なアドバイスをお願いします。(マシュー・ハウマン)

* * *

――ブランソン: これまで新しい製品やサービスの発明で大成功したという例はヴァージンではめったにありません。成功は既存の産業に足を踏み入れ、その品物や製品に新しい息吹を吹き込むことで得られたのです。

たとえば、ヴァージンアトランティックをはじめた時は、初めて商業航空を考案したわけではありません。ヴァージントレインやヴァージンマネーで鉄道事業や銀行業を発明したわけでもありません。そうではなくて、どの場合でも既存の業者のできの悪いサービスを批判的に観察し、サービスの質の基準を体系的にレベルアップしたことなのです。

これが功を奏しました。

マシューさん、私がここで言いたいのは、自分の頭のなかで独創的なアイデアを思いつくことは必ずしも必要ではない、ということです。偉大な作家のマーク・トウェインが生前こう書いています。「すべてのアイデアは二番煎じだ。意識的であれ無意識的であれ、外部の無数の情報源からえり集められたものなのだ」。

そう考え、既存のやり方を壊そうとするなら、まず外部からの情報を参考にすべきだということになります。そうすれば、改良、蘇生、再包装、新しい配送方法などの新しいやり方で利益が出せる既存の製品やサービスはこれだ、と見当がつくはずです。

さらに具体的に説明しましょう。優れたテレビ番組『となりのサインフェルド』を創作したラリー・デヴィッドのような、もっとも優秀な喜劇作家たちに私はずっと興味津々でした。単に人々の会話に耳を傾け、自分も似たような体験をしたことがあるというだけで、いったいどうやって人々の日常的な憤懣や性格上のクセを最高のネタに変えてしまえるのか?――しかし実は、彼らのような作家たちも、家に閉じこもってインスピレーションの到来をひとりで待っているわけではありません。起業家も同じです。

現実の状況のなかにいなければダメなのです。つまり周囲のすべてに耳をそばだて、観察し、手で触ってみることが大事なのです。なにかおかしなことや、うまくいかない時、また、変な匂いや妙な味にでくわすときに突破口は開けます。実際のところ、イノベーションをするしかない製品やサービスを発見するには、五感のすべてを研ぎ澄ましていなければなりません。そして既存の商品を革新する方法を思いついたら、あなたはすでに成功の軌道に乗っていると言えるでしょう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら