Photo by Joshua Fuller on Unsplash

日本人は一生に中型トラック1台分の……『あっと驚く科学の数字』

最新宇宙論から生命の不思議まで

「前書き図書館」メニューページはこちら

現在138億歳の宇宙の大きさは470億光年
これまでに発見された地球上の生物の種類は174万種
つい誰かに話したくなる最新科学の話題満載!

「万物の根源は数である」──古代ギリシャの哲人ピタゴラスは、目に見える現象の本質を、抽象的な「数」によって捉えようとしました。ひるがえって、現代の一見難解な最先端科学も、数字を切り口にすると、あっという驚き、思いがけない新知識とともに、そのエッセンスがすっきりと見えてきます。

数字Photo by Pop & Zebra on Unsplash

二重らせんを全部つなげた、その長さは?

「科学には数字や数式がつきものだ。だから科学はなじみにくい」という人がいるかもしれない。なるほど、科学の分野によっては、本をのぞいてみると複雑な数式や見慣れない数字でいっぱい、ということも確かにある。

だが、この本を見ていただこう。数字が見出しというちょっと変わった本である。最新の科学のさまざまな分野を、数字を切り口にして探訪してみよう、というのが本書の趣旨である。ここでは数字はなじみにくいどころか、あっという驚きの新発見、へぇーという思いがけない新知識に導くガイド役になっている。

たとえばこんな具合だ。

この大宇宙の成分のうち、原子からできている普通の物質は4.9%しかない。残りの95%強は正体不明の暗黒物質と暗黒エネルギーだ。暗黒物質? 暗黒エネルギー? 研究最前線のホットな内容は中を読んでのお楽しみとしておこう。

さらに、日本人は一生にどのくらいの量のウンチをするのだろうか。中型トラック1台分ほど、とは知らなかった。

大便Photo by Getty Images

また、人間ひとりの細胞の中にあるDNAを全部つなげると、太陽と地球を400往復するほどの長さになるという。ご存じ二重らせんのDNAを引き伸ばしてつなげたらとは、考えてもみなかった。そこに書かれている情報量はいったいどれほどにのぼるものか。

そして、地球の最後の氷期が終わったのは1万年前。その前の、そのまた前の氷期には、生殖可能年齢のホモ・サピエンスはたったの数百人にまで減ってしまった。現在70億人を数える人類は、じつはこのときに絶滅していてもまったく不思議ではなかったのだ。人類の繁栄も地球環境の安定も、滅亡や破綻と紙一重の危ういバランスの上に成り立っている。

数字を科学の世界のガイド役にしてみると、思いがけない光景が見えてくることがある。