名探偵・御手洗潔、初の映像化記念 島田荘司×玉木宏スペシャル対談 ---フジテレビ土曜プレミアム『天才探偵ミタライ~難解事件ファイル「傘を折る女」~』3月7日放送決定!

島田 ミステリードラマは、シリーズ化すると、軸になるアイデアがどうしても枯渇するというか、トリックが月並みになったり、内容が薄くなっていくことが多いのですが、ミタライに限っては、絶対にそれはないという自信があります。濃い原作がたくさんありますから。それに、まだまだ書き継いでいこうと思っています。玉木さんの御手洗も、堂本さんの石岡君も、まだまだ魅力に伸びしろがある。奇跡的なコラボレーションを実現したお二人が、今後もタッグを組んでいけば、はたしてどんな化学反応を起こしていくか、是非、見届けたいものです。

玉木 現場の空気もよかったですし、シリーズ化ができるとするならば、同じメンバーでやってみたい。やればやるほど、よくなっていきそうな気がします。個人的には、本当にそう思っています。

島田 横溝正史原作の映画『獄門島』(1977年公開・市川昆監督)ってあるでしょう。最近知ったのですが、海外でも根強い人気があるんだそうです。キャストを見ると当時脂が乗っていた役者さんたちがずらりと顔を揃えていて、あらためて驚きました。女優は美しく、役者たちは楽しんでいます。いいキャストでしっかりと作られたものは海外でも通用する、そう強く思いましたね。これまでドラマでも映画でも、ミステリーの映像表現はイギリスやハリウッドが先んじていたことは事実ですが、〝玉木御手洗〟なら、それに追いつき追い越すことができる、世界に通用するコンテンツに成長できるはずと、私は確信しています。御手洗潔を世に出してから34年、それだけ映像化を待った甲斐があったというものです。

玉木 ありがとうございます。30年以上も待たれたうえで白羽の矢を立ててくださったその重みを、改めて受け止めさせていただきました。もし御手洗を再び演じることができるならば、今回以上の作品を目指したいと思います。

島田 お願いします。がんばってください。玉木さんは未来を担う日本のスターの一人と、私は心の底から信じています。「現実に生きて動いている御手洗潔」に会わせてくれて、本当に感謝しています。ありがとうございました。

玉木 こちらこそありがとうございました。

<了>

企画/講談社文庫『IN☆POCKET』3月号
撮影/加藤雅昭 構成/松木 淳 協力/フジテレビジョン
スタイリスト/上野健太郎 ヘアメイク/渡部幸也(ELLA)【ともに玉木宏担当】
*          
【玉木宏】
ジャケット Rags McGREGOR / Pred PR
シャツ VAPORIZE / VAPORIZE
パンツ Rags McGREGOR×nonnative / Pred PR
靴 VAPORIZE / VAPORIZE

* * *

島田荘司(しまだ・そうじ)
1948年広島県生まれ。81年『占星術殺人事件』でデビュー。以降『異邦の騎士』『斜め屋敷の犯罪』ほかの名探偵・御手洗潔シリーズ、『光る鶴』などの吉敷竹史刑事シリーズで人気を博す。近著に、『アルカトラズ幻想』『幻肢』、御手洗シリーズの最新作『星籠の海』などがある。
玉木宏(たまき・ひろし)
1980年愛知県生まれ。98年、俳優デビュー。01年の映画『ウォーターボーイズ』で注目を浴び、その後テレビドラマ『こころ』や『氷壁』、『のだめカンタービレ』『篤姫』などへの出演でブレイクした。最近の出演作には『オリエント急行殺人事件』『残念な夫。』がある。俳優以外に歌手活動もしており、ライブツアーも行っている。

 * * *

『UFO大通り』
著・島田 荘司 税別価格:676円 講談社文庫


『天才探偵ミタライ~難解事件ファイル「傘を折る女」~』所収作

ドラマ原作となった「傘を折る女」は、御手洗の「遠隔推理」が冴える一作。雨の夜、白いワンピースを着たずぶ濡れの女が、差していた傘を車に轢かせ、その傘を持って去るのを見た」という話がラジオ番組に投稿された。なぜ女性はそんな行動に出たのか。御手洗は、ある殺人事件との関連を見出す。ほか、表題作「UFO大通り」も収録。

 => Amazonはこちら
 => 楽天ブックスはこちら